見出し画像

「理想の暮らし」を妄想したら、結局は自分に自信が欲しい願望に気づいた日

こんにちは、高塚アカネです。

お休みがとれ、台風も来ていて…とあって、とてもゆっくりした3連休を過ごしました。(掃除でドタバタしておりましたが!!(;'∀'))

掃除を一通り終えましたら、なんだか気分はゆっくりしたい。
名著の読み直しとともに音楽を聴いてゆっくり…なんて、高塚が思う「ザ・良い休日」を意図的にすごそう、と心が何だか求めている気がしたんですね(;'∀')。

コーヒーを淹れ、いすに座り。さぁ、何を読もうか、としたときに、何だか手が伸びるのは、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」。

これはいい機会!と思って、1巻・2巻ともに読みなおすことにしたんです。

こんまりさん。世界的に有名になる理由がある方ですよね。本当に本には、若きパワーがあふれておりました。

「ぜったいに片付く」
「リバウンドしない」
「2度と前の生活に戻ろうだなんて思えなくなる」

高塚の部屋は、今「ミニマリストになろう」と決めた結果ではありますが、だいぶきれいになってきた状態です。

こんまりさんのメソッドに沿った片付けではありませんでした。こんまりさんは「服」を最初に片づけるのに対して、高塚は最後の最後まで残っているのが、「服」で(;'∀')。

2011年、初版を買ったときにも本当にときめいて、その時は兄弟と一緒になって実家の大掃除をしました。
ただ、その時もなんとなく本を読んだだけの「にわか」な状態で片付けに取り組んでしまったゆえに、一時的にはきれいになりましたが、見事にこんまりメソッド通りじゃないやり方になり、失敗。一人暮らしをしていた部屋(当時)は物であふれることになりました。

事実、失敗したんだよな。なんでだったんだっけな。

落ちついて、椅子に座って、「片づけの魔法」を読む、だなんて、初版の2011年ごろにもやったことがなかった作業を、2022年にしてやってみまして! ゆっくり振り返ってみて、失敗原因を考えるに至ったんですが、

「自信がなかった」に気づいてしまったんです。

憧れる!とは思ったけれど

こんまりさんの本の中に、こんな一説があります。

・片付ける前に、なんで片付けたいのか。片付けてから過ごしたい、「理想の暮らし」を考えることから始める。

この「理想の暮らし」は、多くの方が思うような、きれいな部屋で暮らしたいから…みたいな願望は、「甘い!」と切り込みが入る部分になっています。

本の中で割と具体に出てくる事例は、有名ですかね(;'∀')「乙女な暮らし」です。

こんまりさんの生徒さんがおっしゃったと言われる、「乙女な暮らし」は、詳細はふせますが(気になった方は本をチェック!)「帰ったらこうする」というような1日の終わりがはっきり見える、本当に具体的な妄想が描かれております。

高塚は割と影響されやすい性格をしておりまして、その後、ジェニファーLスコットの著書「フランス人は10着しか服を持たない」に描かれる「シックな暮らし」にも憧れることになりますが、

・乙女な暮らし、いいな!
・シックな暮らし、うらやましい!

もともとが少しミーハーなんでしょうね(;'∀') 人が提唱する「素敵な暮らし」に影響されやすく、憧れる!その生活!とは、思うんです。

ですが、これは、「芸能人になりたい」に感覚としては似ているでしょうか。本気でなれるとも思えていないまま始めるので、結局、お酒におぼれてみたり、病気をするまで働いてみたり…。

見事、2018年ごろです。リバウンドするのでした。

2022年、読み返して思う

当時、「片づけの魔法」を見ても、「フランス人は~」を見ても、どこか自分事のように感じられなかったことがありました。

本に書いてあることを愚直にまねをするんですが、なんだかとってつけたみたいな、自分のものに完全になっていないような…(;'∀')。

高塚は自分の「思考のくせ」にうっすら気づいており、「それ悪いよ!!」とツッコミをお待ちしたいのですが、告白いたします。

・どうせ現実が変わるわけない

病に陥るまで働いていた、お酒におぼれる日々を過ごしていたのが、2011年~2015年前後です。その当時、本気で、一種の絶望をしていたのを覚えているんです(;'∀')

ただ、高塚ほどの思考でなくとも、「素敵だと思うけど私フランス人じゃないしな(;'∀')」…くらいは、この高塚noteの読者様には、おられませんでしょうか!!( ;∀;)

本を読んでも、良いな~!憧れるな!!とは、素直に思う。でもどこか、自分の物にならずに通り過ぎていく感じ…( ;∀;)

悲しいですよね、心は、憧れているんですよ。でも自分事にならないって、思えてしまう現実。2022年の今、冷静になって振り返ってみて思うんですが、

・わたし(なんか)の人生にはそれってないよねぇ…( ;∀;)

根本、本気で「わたしなんか」と思ってるんですよ…!!涙

自信が欲しい

私の人生だもの、ドラマがあるにきまってるじゃないの! とか、私の人生には、運がいいことしか起こらない。とか。

「引き寄せ」に関するyoutubeなども見聞きしているんですが、表に出る方々の言葉って、けっこう、強めです。

こんまりさんの本も「リバウンドしない」と自信に満ち溢れた表現があって、今回まぶしい思いで読み返しをさせてもらったんですが、その輝きって人生を輝かせるためには、本当必要な表現なのだろうな、と思うところがあります。

高塚のnoteは正直を売りにしており、マイナス表現が多数出てまいりますが(;'∀')、根本、自信がない!!

でも、まぶしいまでのこんまりさんの本を読んで、ちょっと思えてきているのは、

今って、正直「クソ野郎」な過去の高塚との、決別の時!!(;'∀')

自信が完全に出てきているわけじゃないんですが、けっこう正直に「クソ野郎」だった高塚でも、今は驚くほど部屋がキレイです。

思えば思うほど、部屋を眺めれば眺めるほど、「自信はない」が「部屋はきれいだ」。

これって自信の源になるかもな?
こんまりさんの魔法がかかってきた昼下がりです。

キレイな部屋に見合う人になりたいものだなぁ…(;'∀')

◆  ◆

自覚ある「クズ」を片付ける時!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
高塚アカネ | 「日刊アカネ」毎日12時30分刊の生活雑誌風note/連続投稿797日

いただいたサポートはnoteの活動に役立てます。サポートをお返しする場合も。循環させていきたく思います!