“VOTE! & READ!”

hirunekobooks

第49回衆議院選挙(10月31日 投開票)が、10月19日に公示されます。

選挙の情報を知るには、「選挙ドットコム」のサイトが便利です↓


ひるねこBOOKSでは、2019年の参院選に続き、 「“VOTE! & READ!”キャンペーン」を行うことにしました。

画像1

投票後にもらえる投票済証をご持参の方に、店の入り口にある均一棚(100円~300円)から、お好きな古本を2冊差し上げます

古本との引き換えは、10月20日(水)〜11月6日(土)の期間、有効です。
(定休日、営業時間の変更にご注意ください)

期日前投票が始まりますので、31日の投開票日を待たずに、投票を終えた方はご利用ください。

*万が一、均一棚の本が無くなってしまった場合(そんなことになれば嬉しいですが)、後日使える割引券を差し上げます。


今回も当店が大変お世話になっているイラストレーター・やまぐちまりこさんに作っていただいた素敵なビジュアル(上記)を使用します。

色々なお店やスペースで活用してほしいと考え、特に許可なく、無料で自由にお使いいただくことにしました。

投票の呼びかけに賛同してくださる書店様やお店様は、トップに掲示の画像をご自由にお使いください
*前回と同じように、こちらで把握できる範囲で、この記事に賛同店のリストを付け加えます。

10/28時点

・東京 府中市 マルジナリア書店
・東京 文京区 緑の本棚
・千葉 幕張市 本屋lighthouse
・神奈川 川崎市 COYAMA

・無店舗 糊塗文庫(西日暮里ブックアパートメント内)


前回は多くのメディアで取り上げていただき、実際に「初めて投票に行きました」という方々も来てくださいました。投票率がすぐに大きく上昇するようなことは無いものの、それでも選挙のたびに少しずつ「投票へ行こう」という機運が高まっていることを感じています。

今回、「1冊」ではなく「2冊」としたのは、自分の1冊+誰かの1冊、になればいいなと考えたからでした。投票に行った人が、まだ行った事のない人あるいは最近行けていない人に「実はこういう企画があってね、本をもらったんだ」と話していただければ、自然と選挙の話題が出ますし、少しだけ今後の選挙、そして投票にも繋がっていくのではないでしょうか。

もちろん自分用に2冊でも構いません。読んだ後に誰かに譲るのも良いと思います。本を媒介にして誰かと会話することって、とても楽しいですから。よかったらそうしてみてください。


「選挙割なんて意味ない」「投票を呼びかける声が多くてうんざり」「お店がやる事じゃない」……そんな声も耳にします。ある意味ではその通りかもしれません。何もしなくても投票率が70〜80%に達する国であれば、わざわざ身を削ってまで割引したりプレゼントする必要も無いでしょう。本来はそうあるべきだとも思います。

ただ、残念ながら日本はそういった国ではありません。「政治のことはタブー」が当たり前で、「お上に楯突かない」「波風を立てない」ことが良しとされる。一応「民主主義」の国なのに。議員を選び、政治家を評価し、時に批判するのが当然だし、それが誰もが生きやすい社会を作ることなのに。

それが出来ないのであれば、出来るようにするしかない。だってこの国を諦めたくないから。暮らしと政治は地続きで、本を読んだり音楽を聴いたり買い物をするのと同じように、政治を語り、投票をする国にしたい。ただ漠然と「半分以上の人が投票しないなんて」と嘆いていても仕方ないから、だから今できることをしようと思います。

これは社会を変えるための自分なりの"VOTE"です。

一票しかないのなら、その一票を大切に。

「一票では何も変わらない」のではなく、その一票でしか何かを変えることはできません。

だから投票へ行きましょう。出来ることなら誰かを誘って。

少しずつでも変えていきませんか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hirunekobooks

魅力あるお店づくりのため、いただいたサポートはお店の運営(仕入れや備品の購入など)に使わせていただきます。いつも本当にありがとうございます。