日本の伝統工芸品・ものづくりに関わる作り手の皆様へ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本の伝統工芸品・ものづくりに関わる作り手の皆様へ

河内宏仁

皆さんお久しぶりです。noteを開設以来リアルジャパンプロジェクトの情報を日々発信しようと思っておりましたが…。ほぼ作ったことを忘れておりました。今回久しぶりにnoteを書こうと思ったきっかけは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生により様々な作り手の皆さんよりご相談やお声を頂いたことです。最後までもしご興味あれば読んで頂き関係者やお知り合いの方にぜひご案内・シェアいただければ幸いです。

1.私たちについて

はじめましての方もいるかもしれませんので、簡単に紹介させてください。リアルジャパンプロジェクトは2011年の設立(創業は2009年くらい)に「日本のものづくりをもっと身近に、そして未来へ。」をヴィジョンに日本の伝統工芸品・モノづくりに関わる商品開発から販路開拓まで様々な職人さんや工房さんのサポートをさせて頂いてます。

近年では作り手と使い手をつなげたいという思いから東京の千駄ヶ谷というところにショールームを作り、ワークショップやイベントを行ってます。

また数年前から北米(主にアメリカ)の海外販路開拓のサポートをしてます。いろいろやってますがご興味ある方はウェブサイトをご覧ください。

リアルジャパンプロジェクトウェブサイト

2.現在の状況

皆さんもご存じの通り7日に発令した東京、大阪など7都府県を対象地域に緊急事態宣言が出され16日は全国に拡大しました。これは、法的根拠のある外出自粛要請が可能となり期間は5月6日までとされてますがまだまだ完全には時間がかかると思います。

3.私が分かる範囲の今のものづくりに関わる皆さんの現状

私自身も2011年より様々なものづくりに携わる職人さんや工房さんと出会ってきました。現在、百貨店・専門店・小売店が自粛の影響もあり休業したり、9月ごろまで様々な商談会や展示会、イベント(屋内外)も自粛される予定だそうです。

良くお聞きする声として、
・商品はあるが売る場所がない、商品が納めれない
・店舗を持っているが休業中で当分の間再開できない
・スタッフの通勤が出来ないため営業を自粛している
・展示会が中止になり今後どのように販路開拓できるのか不安
・明日生活できるのかどうか… 等
様々な点について当然ですがご相談いただいてます。

4.今できることは何だろう?

3月から当社もスタッフも安全性を考慮し時短勤務・在宅などをはじめて様々なことを自分自身でも考えてみました。この先どうなるのか正直誰にもわからないと結論に至りできる事をスピード感をもって取り組んでいこうと思いました。性格上かもしれませんが動きながら考えたほうが早いなと。
ただひとつ言えるのは、まだまだ先は長いなということ。

5.私たちにできること

私たちの強みはオンライン(ウェブ)からオフライン(リアル)までを展開している点と様々な工房さんのサポート経験を活かして日頃よりお世話になっている、これからお世話になる、全ての方のお手伝いが何かの形でできないかと思いました。
まず早急に私がお手伝いできることは、それはオンラインを中心としたこと。ネットショップの開設
全てにメリット・デメリットはもちろんあります。

6.ネットショップ

自分自身でも無料のネットショップの開設サイトもあり簡単に誰でも販売が開始できます。参考までに無料サイトは以下です。
BASE
STORES.JP
メリット:
無料
構築もテンプレートに従えば簡単
デメリット:
当たり前ですが手数料5%~10%販売時発生します。
サイトはすぐ作れますが、プロモーションは自分次第。

7.そこで考えたこと

ネットショップを作るのは簡単ですが一番重要なのがその後の運用です。
そこで考えたこととして50名参加してもらえれば、50通りの集客方法ができること。さらに増えれば相乗効果を出せること。
スタートで一番大事なことそれは間違いなく「集客」です。参加者の集客+私たちのノウハウを全部つぎ込み作り手のモールができればと思いました。
想像をつきやすくするならば、楽天市場やZOZOTOWN等。

8.参加するメリット
・サイト開設等に伴う初期費用は全て私たちが負担します。
・受注のお問い合わせ等お客様対応も私たちが代行します。
・必要があれば物流も全て行います。
私たちはネットショップを約10年程度運営してきたことと色々な工房さんのネットショップ運営のサポートもしています。
皆さんが開設後に不安なことは、
・いろいろ人が見に来てくれるのか…。管理が大変…。発送やお問い合わせも大変…。があげられることが多いです。もちろんデメリットもあります。

9.デメリット


実費の運営費用として、1,000円~前後費用はかかります。
販売が成立した際に少し手数料をください。
その他物流に伴う実費はご協力ください。(通常より安いですが)
卸売をするより十分に利益は出ると思いますし、お客様の声も共有するので自社のファンになる可能性が高いです。

10.このサイトが出来れば…そう遠くない構想

最初は一般の消費者向けに実施しますが今後はB2B(卸向け)機能も実装する予定なのでオンライン上で新商品の発表や展示会などもできます。
展示会・商談会などは費用もかかり期間の制約もありますがこれがあれば期間の制約などもなくお取引先から受注も受けれます。
このようなことをいうと実物見ないとというご意見もありますが私たちはショールームがありますので実際に見たい人はショールームをサテライトオフィスとして使用していただいても問題ないです。

11.これだけは言えること

まだやるとは決めたものの実績がないので大きなことは言えませんが動かないと始まらないですし僕たちは全力で皆さんの一アルバイトの気持ちで全力で成功させます。
サイト制作も無料ではなく大規模なので1者の出店では難しいので、最初は30店舗を集まれば6月には最短でオープンします。

12.さいごに

餅屋は餅屋と昔から言われてますが私たちはものを作ることは出来ませんが販売のノウハウはあるのでぜひうまく使ってください。
現在のお取り組み先でご興味ある方にはすでに連絡してますがその他以下内容も現在サポートしてます。
・Webサイトの改善によりアクセス数・購入率を上げる
・ウェブサイトの制作(A4、1枚程度にてフォーマット指定あり)
・カタログ・名刺のデザイン
・ブランドロゴマークの作成
・ブランディングサポート(初期解析・方向性の提案)
・商品及びブランド説明等のネイティブ翻訳
・プロモーション支援
できる事とできないことはもちろんありますがお気軽に連絡ください。
ご相談フォーム
長文・乱文になり読みにくい点があるかと思いますがお許しください。
河内宏仁


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
河内宏仁
日本の工芸品、地場産業品をもっと知ってもらいたいという思いから2009年にリアルジャパンプロジェクト創業。現状は日本のモノづくりを発信するメディア、ECサイト、ショールームなどで日々情報発信中! www.realjapanproject.com