遠野宏季(Hiroki Enno)

1991年生まれ/京大工学部卒/ 2016年「人類の感覚器官に自由を取り戻す」株式会社Ristを創業、2018年末に京セラグループに売却、現在は顧問。2019年11月株式会社Plasma創業、代表取締役就任。
    • 資本主義の次を模索する社会実験Exographについて
      資本主義の次を模索する社会実験Exographについて
      • 8本

      20XX年の全員が働かなくてもいい時代に、働いていない人が税金の代わりに公共の福祉のために納めるものはその人の生き様全てのデータ。組織はそのデータを運用した利益で社会を回すのである。 2019年、このプロジェクトでは最低限生きるのに困らない金額である月額20万円を人々に提供する代わりに、その私生活データを全て収集してその費用を賄うことに挑戦する。

    • AIベンチャーを京セラに売却した理由と今後
      AIベンチャーを京セラに売却した理由と今後
      • 4本

      創業3年未満のAIベンチャーを何故京セラグループに売却し、そして次にどこへ行くのか。「ただ生きているだけで人は価値を生み出せるか?」という問いから始めた資本主義の次の形を模索する社会実験を行います。

【Exographまとめ】実験レポート

最低生活に困らない金額を人々に提供する代わりに、その私生活データを全て収集して、社会の反応やその価値の値付けに挑戦するExograph。 被験者へ実施したアンケート結果…

【Exographまとめ】AIx憲法学者 山本龍彦教授との対談

AIと憲法の第一人者である慶應義塾大学の山本龍彦教授に今回のExographの問題点などをお伺いしました。 最終的に「人間の条件」やデータフェミニズムにまで議論が発展して…

【参加者募集編3】応募者1311名の属性発表

最低生活に困らない金額を人々に提供する代わりに、その私生活データを全て収集してその費用を賄うことに挑戦するExograph。 この実験が明らかにしたい問いは以下の3点。 …

【撮影編】Exographでのカメラ設置とデータ処理

撮影どうする? ここ最近テレビでExographを取り上げて頂くことが増え、ロケまで行なって撮影シーンの状況を再現してもらったりと非常に感謝しています。 正直このブログ…

【参加者募集編2】20万円で私生活データを売るExographの経過報告

二週間が経った 最低限生活に困らない金額を人々に提供する代わりに、その私生活データを全て収集してその費用を賄うことに挑戦するExographも、応募開始から二週間が経ち…

【批判への対応編1】私生活データを売るExographの経過報告

はじめに まずはじめに、批判も含めてコメントをして頂けている方、応募してくれている方、その他のすべての協力者に感謝しています。 またこの実験で不快な思いをさせて…