オーガニックコットンケットのモニターやってみました。「呼吸が深くなった!」
見出し画像

オーガニックコットンケットのモニターやってみました。「呼吸が深くなった!」

こんにちは。オーガニックコットンの日の出毛織、広報のヴィアナです。

夏に、よくご利用いただいている方を中心に無料モニターを募集いたしました。今年の夏も暑かったですよね。
うちはクーラーをつけて寝ていたんですが、夫からも「寒い」と言われ、羽毛布団を使うと暑くて起きてしまうという状況でした。

社長と雑談中に「日の出毛織のケットを買います」と伝えたところ、
「モニターすればええやん」と神の声をいただき、1カ月ほど実際に使ってみました!

結果、一番このケットを気に入ったのは、夫。
「暑いから寝る時何もいらない」と、最初はケットも使っていなかったのに、私が「気持ちいい〜」とうれしそうに使っていたのが気になったんでしょうか。気がつくと彼がくるまって寝ていることが多くなり
「もう1枚買おうか?」と話題に上るほどの使用頻度に。

うちには猫がいるんですが、その子も2歳になる娘も「気持ちいい〜」と大好きで、9月になった今もクローゼットから出してきて「おひるね!」とうれしそうにくるまっています。

画像1

写真は布団乾燥機使用中にケットも乾燥させていたところ、
猫がのんびりしている図です。


使用感に戻りますが、今回モニターした素材はシルクとオーガニックコットン。シルクの光沢もあって、手触りはふんわりさらっと、でもほのかにあたたかい。

画像2


エアコンつけっぱなし&サーキュレーターで空気を回していると、室内がひんやりします。羽毛布団が暑かったので、オーガニックコットン100%のタオルをケット代わりに使いましたが、寒くて夜中何度か起きていました。

そんな中、このケットを使いだしてから暑くもなく寒くもなく、朝まで快適に眠れるようになったんです。

画像3

畳まずに置いておいても、うちの猫はすぐ上に座ってました


社長に「ケット気持ちいいですね!」と報告したところ、
「天然素材は呼吸するんよ」。
専門用語で調湿(ちょうしつ)と言うんだそうです。

小学校の頃「奈良の正倉院は校倉造で木が呼吸するため、伸び縮みする」と習って衝撃でした。また、この伸び縮み、つまり呼吸をするため、カビなどが生えず大切なものを保管するのに適している。シルクもオーガニックコットンも天然素材ですから、同じく調湿するんですよね。
なので、日本の湿気が多い夏にはぴったり。寝ている間の汗も程よく吸ってくれ、快適に過ごせます。

寝る時、体にふわっとかけて実感するのは、呼吸が深くなること。
ほっとする、という言葉がぴったりかもしれません。
体がゆるむ感じがします。

画像4

森の中にいるような、リラックス感でした


くるまっていても「暑い!!!」とはなりませんし、むしろケットの中にいるとほっこり安心する感じ。

秋めいてきた今は、四つ折りにしてブランケット代わりにしています。が、必ず猫がやって来てふみふみ。ほつれてしまうので、最近は大切にしまってあります(逆にもったいないですね)。

今年の秋は、天然素材毛布の無料モニターを募集する予定です。
今回は日の出毛織のお客さまだけではなく、広くSNSでも募集させていただくことにしました。

またnoteでもお声がけさせていただきますので、ご興味のある方はぜひお申し込みくださいませ。

*今回モニターしたオーガニックコットン×シルクケット
縦糸=綿100%
横糸=綿55%、絹45%
サイズ=140cm×200cm
価格=22,000円(税込み)
(綿はソーシャルグッドなオーガニックコットンです)


*日の出毛織ウェブサイト

*「へー気になる」と思われたら、こちらへどうぞ


この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキしてくれて嬉しいです
日本で初めてオーガニックコットン毛布を製造・販売した会社の3代目女性社長が「かかわる『人』『地球』すべてにぬくもりを」をモットーに、弊社の取り組み/プロダクトの製造過程/オーガニックコットン/大阪・泉大津に関する情報などを発信します✨https://bit.ly/3bGAWdT