「幸せな結婚生活」のはじめかた
見出し画像

「幸せな結婚生活」のはじめかた


多くの昭和の家庭がそうであるように、私の生まれ育った家では、前時代的な夫婦・家族関係が幅を利かせていた。

父親は稼いで家族を養うのがあたりまえで、母親は家事を完ぺきにこなしてあたりまえ。それ以外の両親の存在意義などないにひとしい。誰も今さら異を唱えるはずもない、そんな家だった。

自分が育った家庭のあり方に疑問を持つこともなかった私。その感覚をガラッと変えたのが、Aの家族との出会いだった。


「結婚とはこうあるべき」という幻想に縛られて


今思えば、お見合い結婚で恋愛経験皆無の母親から「女はこうあるべき」「結婚とはこうあるべき」と教えられることのおかしさよ。

「べき」「べき」言いながら不満をベッタリと顔にはり付けてごしごし床をみがく、そんな母親のいうとおりにやっていたら、結婚生活自体はなんとかなっても、決して幸せになどはなれはしない。


私の家では、洗濯物を母が取り込んだら、すみやかに近くに座って隅をキッチリと合わせてたたみ、たたみ終わったらなにを置いても、すみやかにタンスにキレイに片づけることが必須とされた。

洗濯物をたたんで片づけることは、なにより優先された。たとえ宿題の難しい数式を解きかかっているという、子どもにとってはのっぴきならない重要な時間であっても。手を止めるのはあたりまえ。

座ってたたんで片づける手順のどれか一つでも抜けたら、矢のような母の罵倒が飛んでくる。

洗濯物以外でも「女だから」と役割を決められ、完ぺきにこなすことを要求される。当時は疑問にも思わず、そういうものだと思っていた。

今は思う。家庭において、本当にそんなことが必要だろうか?

この記事は、単体で200円です。
この記事の入ったマガジンは、10本以上読めて1本あたり100円以下です。
マガジンの記事は今後増えますし、マガジン代金は値上げすることもありますが、一度購入したマガジンは追加料金なしでお読みいただけます。
長い目で見ると、とってもお得です。よろしければ、マガジンの購入をおすすめします。

この記事の入ったマガジンです。

この続きをみるには

この続き: 2,287文字

このマガジンを購読すると、恋愛に関する人気の記事を今後も継続して追加料金なしでお読みいただけます。単体で購入するよりお得です。

うまく行く結婚や恋愛のコツについて持論を展開しています

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

きっとあなたにいいことあります☆
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/