見出し画像

僕はここにいるよ

小さい頃、僕はブランコが好きでした。
動いている景色の中にいるだけで安心しました。

ブランコに揺られている時、自分が前に進んだら、景色は後ろに流れ、後ろに進んだら前に流れる。その繰り返しは、まるで揺りかごに乗っているみたいに心地よいものでした。

空と地面の間を行ったり来たり。
僕は、体が前に進む時以上に、後ろに進む時の方が、より気持ちよく感じました。
いつも走り回っていましたが、前に走ることはあっても、後ろ向きのまま後ろへは走ることが出来なかったからだと思います。

体に感じる風を背中で受けながら、そこにある空気を分けていく。

「ここにいるよ、僕はここにいるよ」
自分という人間の存在を、僕は、この地球に知ってもらいたかったのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
クリックしてくださって嬉しいです。
20
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「絆創膏日記」「自閉症の僕が生きていく風景」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。