水の中の僕
2019-4-25_海__2_

水の中の僕

水の中にいると、僕は自分が人であることを忘れます。
人だということを意識しないのではなく、忘れてしまうのです。
水面から顔を出したとたん、夢から覚めた時のように、どちらが現実かわからなくなります。

水の中の僕が、あまりに幸せだから、余計そう感じるのかもしれません。
潜っているのは数秒なのに、ずっと前から水の中に住んでいたかのような錯覚にとらわれます。

音もなく言葉もない。
細胞が溶け出し、身体という概念さえなくなるのです。心だけが僕であることを実証しています。
身体というおもりが無くなったとたん、僕の心は羽が生えたように、大空へ羽ばたきます。

酸素を欲しがるのは、いつも心ではなく身体の方なのです。僕はすぐに水面から顔を出さなければいけません。

地面に足をつけると、ようやく自分が人であることを自覚します。

夢は夢、眠りの中で生きられないように、水の中で生き続けることのできない僕は、深く呼吸をしながら、自分の生活へと帰っていくのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです。ありがとうございます。
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」最新刊「世界は思考で変えられる自閉症の僕が見つけた「いつもの景色」が輝く43の視点」が発売中です。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/