見出し画像

責任は自分にあることを自覚する

「さあ、やるぞ」という気持ちになった時、人は行動します。
「だめだよ」と言われても、自分の意見を曲げません。
何が悪いのか、悪くないのか、判断するのは、いつも自分です。

ひとりで生きているように見えて、人は、ひとりでは生きられません。
誰が悪くても、悪くなくても、判断するのは、いつも自分なのです。

感謝する、そして感謝される、みんなその繰り返しの中で、自分の役割りを果たしていきます。

どこかに逃げ場をつくって、どこかで息抜きしながら、それでも耐え切れず、身動き出来なくなるほど苦悩します。

「もう、嫌だ」「もう、だめだ」何度も壁にぶつかり、何度も泣く。
泣いては引きこもり、そして立ち上がる。
誰のせいでも、誰のせいでもない。

そうして、責任は自分にあることを自覚するのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございます。
19
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」最新刊「世界は思考で変えられる自閉症の僕が見つけた「いつもの景色」が輝く43の視点」が発売中です。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。