肥田木優(会計士・税理士)

1983年生まれ。地域の事業者と、今の時代のビジネスモデルを構築していきたい。都城で堅苦しいイメージを取払った会計事務所を運営|横浜の会計事務所→2つの監査法人と、1つの会計事務所を掛け持ち→優成監査法人〈現、太陽監査法人〉→肥田木会計事務所(hidaki-kaikei.com)
    • 会計と税務のnote

      税と会計の現場に則した話を書いています。肥田木会計事務所ホームページの過去記事をアップグレードさせた新たな情報が主です。

    • これからのビジネスモデルのヒント

      これからのビジネスモデルのヒントを、自分なりに考察しまとめています。

    • 雑記帳note

      事務所ホームページに書くほどでもない、ちょっとアウトプットしたい情報を記述しています。

インボイス受領が困難、「帳簿のみ保存の特例」の際の帳簿記載方法

消費税の「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」では、仕入税額控除の適用のため、一定の事項が記載された帳簿と適格請求書(インボイス)等の保存が必要となります。…

【噂の新・事業承継税制】結局、みんな利用しているの?

平成30年度税制改正で、事業承継税制に特例措置が創設された。 納税猶予割合が100%、全株式が対象になるなどの拡充により、適用を検討する向きが多くなるという意見もあ…

ユニクロ社長に学ぶ、お客様の笑顔のために大切な3つのこと【書評】

事業をしていて、「どうすれば、お客やクライアントが喜んでくれるだろうか」と悩むことは多々ある。 真剣に仕事に向き合っている者にとって、常につきまとう課題ではない…

【お知らせ】freee会計エキスパートの資格を取得しました

肥田木会計事務所は、この度『freee会計エキスパート』の資格を取得しました。 「freee会計を使える税理士・会計士」をお探しの事業者様にその旨をお伝えできるよう、note…

経営者が多忙過ぎて税務ミス。税務署は許す?許さない?

経営者はとにかく忙しい! トップマネジメントの忙しさはあらゆる本で言及されており、もはや議論の余地もなければ避けるのも難しい。 あまりにも忙しくて、決算処理や税…

2代目。継いだ事業を"つづける"ために"実行"した3つのこと

自分は、宮崎県都城市という人口規模15万人の地方の会計事務所の2代目をさせてもらっている。 自分もそうであったように、2代目は2代目なりの創業者には無いプレッシャー…