新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

サポート装う詐欺を阻止 ファミマ小野駅前店 従業員、高齢女性に声掛け

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして石巻署は19日、東松島市牛網のファミリーマート宮城小野駅前店の従業員の立花慎吾さん(37)とファミリーマート北日本エリア本部のスーパーバイザーの三浦寿和さん(42)に感謝状を贈った。

 6月22日、同店を訪れた70代の女性が電子マネー4万円分を購入したいと立花さんに声をかけた。念のため購入用途を確認したところ、女性は「パソコン画面に突然注意の文字が表示され、記載番号に電話したところ、パソコンクリーニングが必要で、電子マネーの購入を指示された」と説明。店舗巡回で訪れていた三浦さんが警察に連絡し、被害を未然に防いだ。

 石巻署で行われた表彰式で、岡島利明署長が「日頃からの取り組みが未然防止につながった。パソコンユーザーの心理を逆手にとったものであり、県内でもはやりつつある。今後も声掛けなどを積極的に行ってほしい」と語り、2人に感謝状を手渡した。

サポート詐欺水際防止

岡島署長から感謝状が贈られた

 立花さんは「デジタル端末の利用層が拡大しているとはいえ、詐欺の可能性も排除できなかったので、未然に防げて良かった。詐欺が身近に存在することを知り、恐怖も感じた」、三浦さんも「防犯意識を高め、安心して使っていただく店舗づくりを共有していきたい」と語っていた。

 同署管内では6月末現在で4件、計334万円の特殊詐欺被害が起き、昨年同期比で1件185万円の減。今回のように不特定多数のパソコン画面にエラー表示を流し、電話をかけさせる手口は「サポート詐欺」と呼ばれる架空請求に分類されており、管内被害のうち2件が架空請求だった。

 同署では、高齢者向けに、固定電話に設置する特殊詐欺撃退装置の普及に力を入れており、生活安全課は「県警の購入費用助成も受けられるほか、貸し出しも行っている。被害の水際対策として活用してほしい」と語っていた。【横井康彦】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。