Hespen / Save the Future

Save the Future(https://www.savefut.com/)とHespen(https://www.hespen.org/)の共同noteです。コロナウイルスによる非常事態宣言の中、事故や病気になるリスクを減らし、医療機関への負担を減らす活動をしています。

新型コロナウイルス流行下における熱中症応急処置の注意すべき点を紹介

梅雨明けを迎え、明日から日本列島は本格的な夏を迎えます。熊本では連日最高気温35℃予想となるなど、長期的予報でも今年は例年より気温が高いとされており、熱中症のリス…

神戸市消防局コラボ記念「考える熱中症予防」無料キャンペーン

神戸市消防局のご協力にて、神戸市民向けスマホアプリ「MYCONDITIONKOBE」にてHespenの提唱する暑熱順化トレーニングについてご紹介いただきました。 消防局は日頃からも…

暑熱順化トレーニングのススメ

気象庁の3カ月予報では、今年6-8月の気温は平年より高いとされています。 これからの時期には湿度もあがり、汗が渇きにくく熱中症にさらになりやすくなります。 また…

厚労省「コロナに加え熱中症も注意」とマスク装着による負担に警鐘

時事通信社5/26の記事によると、(yahooニュースより引用)  新型コロナウイルスの感染拡大防止策に関して、加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後の記者会見で、夏場にかけ…

【SavetheFuture02】5月21日産経新聞に掲載して頂きました。

以下、記事の引用です。 子供の事故について人口動態調査をもとにした消費者庁の分析によると、平成22~26年に起きた子供(14歳以下)の不慮の事故死は2030件。…

5月21日付毎日新聞に掲載して頂きました。

記事より以下引用。 学童「常時着用ルール」暑さで守れず  3月から続く休校中も子どもたちを預かっている学童(放課後児童クラブ)の現場ではどうなのか。群馬県のある学…