見出し画像

健康的な生活をおくるために個人的に行っている6つの習慣

この記事は Pepabo Managers Advent Calendar 2018 の24日目の記事です。

なかやまきんに君はこう言いました「健康のためなら死ねる!」と。

明日で41歳を迎えることになりましたホシハヤトです。イエス、本厄です。

ちょうど一年前、40歳に突入したときにまず思ったのは「あ、死にたくない」でした。我が家にはまだ2歳の愛娘がおりまして、この娘が20歳になる頃、僕はもう60歳近い年齢になります。人生は長い。なんでもないようなことが幸せだったと思いながら生きていきたいですよね。

ということで、今回は健康的な生活をおくるために個人的に気をつけている習慣に関する話を書きたいと思います。

健康診断&人間ドック

全てにおいての基本が健康診断です。ビジネスもそうですが、客観的な数字(ファクト)がないと何も対策を打てません。もし何かしらの問題がおこっている場合も早期発見すれば大事にならないことも多々あるかと思います。

僕は会社から年2回の人間ドックを義務付けられておりまして、基本的な診断に加えて、大腸内視鏡検査、脳のMRI検査、DNA検査、胃カメラなども定期的におこなっています。

ちなみにバリウムによる胃のX線検査を受けている方もいらっしゃるかと思いますが、絶対に胃カメラの方をおすすめします。どうしても物理的なカメラが体内に入ることに抵抗感がある方もいるかと思いますが、あんなのは慣れです。むしろバリウムをしたあとに下剤を飲んだりするほうが面倒くさいですし、あの検査で本当に胃がんがみつかるかというと正直疑問です(あくまで個人的な意見です)そりゃカメラを体内にぶっこんだほうが見つかる確率高いだろと思っています。

ちなみに胃がんの原因の99%はピロリ菌という話もありますので、胃カメラをしなくとも、最低限ピロリ菌の検査は絶対にしておいたほうがいいです。今では Amazon でピロリ菌キットを購入できます。いい時代ですね。

また、フリーランスの方でここ数年健康診断を受けてないという人がいたら今すぐに受けるべきです。自治体のサイトなどにいけば健康診断情報などが載っていますのでそちらを参考にされてもいいかもしれません。

かかりつけ医

人間ドックの結果が思わしくなかった時、必ず検査の結果をもって近所のかかりつけ医に相談するようにしています。内科ならここ、泌尿器科ならここ、皮膚科ならここ、という具合に。泌尿器科は石の疑いがあったのでいったのでした。その時のツイートがこちらです。

サプリメント

サプリメントに関しては、正直なところ効くのか効かないのかよくわからないものもあるのですが、僕はヤク中なのでいくつかのサプリメントを習慣的に服用しています。健康になるならプラセボだっていい。

そんなこんなで、ビタミンC、ビタミンBコンプレックス、マグネシウム、DHA、EPA 等を主に服用しています。

なかでも、DHA と EPA は中性脂肪キラーです。一時期、不摂生な生活を続けていた結果、健康診断で中性脂肪の数字が鬼のように悪かった時があったのですが、DHA と EPA を飲んだら劇的に数字が下がりました

会社の同僚で同じように中性脂肪の数字が悪かった人がいたので、DHA とEPA を進めたらやはり劇的に下がったとのことだったので、確実におすすめします。僕が個人的に調べた範囲で一番コスパがよかったのは DHC の商品です。

ていうか、DHC の DHA ってちょっと何言ってるかよくわからないですよね。

ちなみに、尿酸値の数字が高かった方は「水を1日2リットル飲む」で結構下がる可能性が高いです。1時間に1度トイレに行くくらい頻尿感を出し、無色透明の尿が出るように心がけてください。それでも下がらない方は薬に頼るのがよさそうです。


口腔内の健康

口腔内の健康はとても重要です。歯はもちろん、歯茎を含めた歯周病対策は超重要です。ネットで調べたらたくさんグロい画像が出てくるのでぜひ見てください。ああならないためにケアが重要です。基本は日常的なケアと定期検診です。

日常的なケアは当然歯磨きになるのですが、歯ブラシは中学生くらいからずっと電動歯ブラシを使っています。いろいろ試してみましたが、現在使っているのはドルツです。

歯磨き粉は、雑誌の LDK で絶賛されていた Ora2 プレミアム スティンクリアペーストを最近は使っています。電動歯ブラシをもってない人におすすめの歯ブラシはデンターシステマです。むしろシステマに関しては、電動歯ブラシよりかゆいところに手が届くかもしれない。

歯磨きに加えて歯間ケアも定期的に行っています。具体的には小林製薬の糸ようじを使ったあとに、小林製薬のやわらか歯間ブラシを使うハイブリット方式を採用しています。小林製薬ありがとう

あとはマウスウォッシュですが、GUM とリステリンのパープルを使い分けています。リステリンのパープルは超強烈でして、歯茎があまりの刺激に驚きます。ぜひためしてみてください。

それに加えて、歯科検診と歯石除去を年3, 4回お願いするようにしています。おかげさまで、すごく昔に乳歯が1本軽度の虫歯になった以降、虫歯になったことがありません。

一方で若かりしときに、面倒臭がってちゃんとケアをしないで若干後悔しているのが、親知らずの抜歯です。もし気になる人がいたら歯医者に行ってさっさと抜いたほうがいろいろと楽です。

知り合いは面倒くさいから全身麻酔で一気に4本抜きという荒業をおこなっていましたが、時間があまりない方にはある意味オススメです。ちなみに全身麻酔は10万に1人の確率で意識が回復しないらしいです。そのリスクをとるかどうかはそう、あなた次第。

肌のケア

健康とはちょっと違うのですが、肌のケアも結構気を使うようにしています。学生時代は「水で洗顔、化粧水は水」でもいいと思うのですが、歳を重ねるとまぁ男といえどもシミやくすみが気になります。内面的な健康はもちろんなのですが、外見も健康的であることも重要だと思います。

ちょっとこれ系を書くのは恥ずかしいのですが、ちょっとだけ書きます。

ネットで見つけたピーリングジェルの Cure ですが、洗顔後にジェルをつけて顔にぬると、角質がポロポロおちてきて、肌がもっちもちになります。ちょっと感動するので試してみてください。

あとは無印良品の高保湿の化粧水をばしゃばしゃしているくらいなのですが、最近はビタミンCの美容液をその後に塗るようにしています。肌荒れがあまりなくなってきた気がしますが、プラセボかもしれません。

あと、冬になると老人性乾燥肌に苦しんでいるのですが、風呂上がりにニュートロジーナを塗るようにしてからだいぶ楽になった気がします。ずっとユースキン派だったのですが、こっちが定着しそう。

そういえば堀江さんも「経営者のビジュアル劣化は、企業にとって大きなリスク」と書かれていました。

パーソナルトレーニング

人間の体は筋肉でできているから筋肉を鍛えなくちゃダメだと思い、ここ半年くらいパーソナルトレーニングに通っています。普通のジムではなくパーソナルに行くようにしているのは、絶対にサボるからです。

パーソナルトレーニングをするようになってよかったのは、一瞬、仕事脳から開放されることです。思いっきりウェイトトレーニングしているときに「あ、あの仕事どうしようかな」などと思う隙間がありません。

ちなみにランニングをしている時は正直ずっと仕事のことばっかり考えてしまっていて、それはそれでいいのですが、頭脳労働をしている身としては、いかに脳にスキマを与えるのかが重要な気がしています。スキマを与えることで逆に脳が活性化する気がするのです。

ちなみに体重は 2kg くらい落ちました。ただ、ライザップのように短期間で一気に落とすことを目標にしているのではなく、トレーニングを習慣化させることが目的なので、この先も通い続けることが大事だと考えています。

さいごに

飲むなら乗るな、乗るなら飲むな。
食べる前に飲んで、飲む前に食べろ。

こちらからは以上です。

僕の Twitter はこちらです。
僕の Instagram はこちらです。

\インターネット最高!!!!/




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25
minneやカラーミーショップやロリポップやムームードメインでお馴染みのGMOペパボ常務取締役兼EC事業部長兼WEBデザイナー兼元祖弁当男子。サッカー歴30年。IT業界で一番ビートルズと鶏の唐揚げが大好きです。主にExcelのセルの色を黄色くする仕事をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。