早瀬野卑
量子精神学による探索 ダイアン・フォーチュンの世界29. (D.フォーチュン著"心霊的自己防衛"参照。)noteも霊的世界です。【デジタル・シャーマン】
見出し画像

量子精神学による探索 ダイアン・フォーチュンの世界29. (D.フォーチュン著"心霊的自己防衛"参照。)noteも霊的世界です。【デジタル・シャーマン】

早瀬野卑

"Zの意見によれば、D少年の従兄弟は最初の吸血鬼ではなく、彼自身も被害者であった。士気の不安定な若者であったので、…すぐに吸血鬼の秘訣を学び、どこかのマジャール人の魔術師の地縛霊に利用されたのであった。…この霊気はそれまでの消耗した資源より、生きのいいD少年の中に移動した。いつもD少年に憑いていたわけではなく、霊気は二人の間を行ったり来たりしていたのであろう。Zが何をしたのかは正確にはわからない。後で得た知識に照らしてみると、彼は地縛霊のエーテル体のエネルギーを吸収して、第二の死を回避する手立てを奪ったのではないかと思う。この事例との関連で注目すると……L嬢がハンプシャーの隠秘学者の道場に滞在していた間、奇異な出来事がいくつかあった。私達は蚊に刺されたが、その刺し傷は大変ひどかった。出血の多い刺し方であったのである。私は…そのような刺傷を見た事はないし、L嬢が去ったあとには二度と起こらなかった。……吸血行為の疑いのある時、その人の身体を拡大鏡で少しづつ隈なく調べるとよい。…探すべき場所は、首のまわり、耳の下の部分、前腕の内側、耳朶、足のつま先、…乳房である。"(✷‿✷)霊気、霊体を体内に入れる法に関しては、沖縄のユタ、青森のイタコのように世界的に事例があります。霊媒も同じ機能を使うが、体内に吸収した霊的エネルギーと協働したり、慰霊したりするのでなく、無力化する事例は珍しいかもしれません。いわゆる悪しきものを払うのでなく、自分自身の高く強い量子場により対象の振動数、波長を同調して、無力化または、その境涯を高め安定させる事こそが、いわゆる慰霊その究極としての成仏させるという事と思われます。◉‿◉現在、ニコラ・テスラが構築した壮大な電磁世界のテクノロジーが次の数百年の基礎構造として実装されつつあります。そこではマン・マシンインターフェイスを超えた体内半導体チップ(RFID)や遺伝子ゲノム改変(CRISPR)による脳改造、そして高G電磁波による、言わば“デジタル人類化”が、様々な手法を駆使して急激に進められています。西欧からの人間の量子支配・奴隷制度を最後の0.1%で質的転換するミッションがアジアのシャーマン層、仏教修行者、道教修行者、ヨーガ修練者、気功家、神道家、チャネラー達に課せられています。量子の鎧を装着される前に、人類は体内の量子場を覚醒させなければなりません。神様から人類が与えられた体内量子場という聖地の防衛戦となります。言わば、【デジタル・シャーマニズム】、【デジタル・ジャーマン】といった領域の探求が、心あるスピリチュアリストに、突きつけられていると思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
早瀬野卑
詩、俳句、短歌、エッセイに挑戦したい。小説はその先。書きたい小説のタイトルは"原初の夏へ還る旅"と決まっているのだが…