手相学研究家 寺島みさお

一般社団法人HASTA手相学研究所代表理事:手相学を軸とした占術家・カウンセラー/手相には「人生哲学」と「心理分析」と言う二つの役割があります。街角手相占いとは一線を画した手相学を発信しています。
    • Live Well★手を読む技術を一人ひとりの生きる力に

      • 28本

      古代ギリシャ哲学者たちの思想がベースになっている手相術を独学で探求した記録と読解法を紹介しています。 日本に伝えられたのは仏教哲学や儒教が渡来した時代。現代の手相占いは、明治維新以降伝えられた西洋手相術がベースとされています。 その昔、手相学は西洋・東洋共に「いかに生きるべきか」を説く人生哲学でした。しかし、西洋手相術が日本に伝えれたときには、すでに哲学というよりも娯楽の一種「未来予知・性格診断」と化していました。 肉体の一部である左右の手は、一人ひとりが自分らしく生きるための羅針盤として、日々の生活や人生に活用するためのもの。 本来の手相術を一人一人の生きる力にするヒントを発信しています。

    • 子どもの本当の気持ちが分かる手相学

      • 9本

      言葉や態度で知り得ない子どもたちの本当の気持ち。 それは子どもたちの左右の手が教えてくれます。 不登校や発達障害など子育ての悩みは多様化しています。 手を読む技術が子育て中のママたちの助けになりますように。

固定された記事

HASTA®︎が発信する手を読む技術

HASTA®︎はサンスクリット語で「手」を意味します。(商標登録済み) 日本で行われている手相占いは、明治時代に西洋文化や医学と共にもたらされた西洋手相術が主流と言…

そもそも手相占いとは

手相占いは、統計学から確立された学問である と多くの手相占いの本に書かれています。 ○○な人は、こんな手相だった ○○な人は、こんな指をしていた 統計をとって多…

古代人の叡智と手相学(五元素論)

Everything is balance.「すべてはバランス」 手相学の書物を読むとよく出てくる言葉です。何度も出てくるということは、手を読むために心得なければならないことなのでし…

間違いだらけの手相占い

手相占いについては、様々な定説があります。 - 起源は約5000年前のインドである - 手相は統計学という学問である - 結婚線が二本あると二回結婚する - 感情線が長い人は…

手のひらの真ん中に出現したに三角印

市販されている手相占いの本には、手のひらに現れる印について吉相・凶相を含め、様々な解説が掲載されています。「開運を表すサイン」が出ていたら嬉しいですが、「災難や…

手相の科学〜親指の役割〜

宮城音弥著 手相の科学〜形成途上の性格学〜を読んでいます。 先駆者たちの研究結果を交えながら、ご自身の立場で書かれたコンテンツは、占いとは一線を画し、非常に興味…