Live Well★手を読む技術を一人ひとりの生きる力に

27

どっちが長い?薬指と人差し指のお話

イギリスの心理学者ジョン・マニングの著書 ”二本指の法則” 日本語訳本が2008年に初版が発売されて話題になったそうです。 2008年当時、私はまだ指にはたくさんの情報があるとは知らなかったので、この本を読んでいたら、鵜呑みにしていたかもしれません。 薬指の長さで、男性脳と女性脳の優位性…

アンビバレンス〜怒りと愛情

なんだか難しいタイトルですが、今日は人間関係を改善する秘訣のお話です。 アンビバレンス(ドイツ語:アンビバレンツ)は、両価性・愛憎感情などと訳される精神分析用語です。 人の心には相反する感情が存在する アンビバレンスという心理は、手相に限らず、人の相談を受ける仕事をしている方々が…

運命は決まっている?

占星術、四柱推命、九星気学、算命学、数秘術など、世にある様々な占いは、生年月日を基軸にしたものが多く、生まれ持った資質・性格や宿命(命が宿ったときの人生の流れ)を知るための情報源となります。 生まれ持った宿命がいかなるものであれ、人は年を重ねるごとに様々な経験を積み、そこから学び…

手を観るポイント

手相鑑定というと手のひらのシワ(手相)を観るものと思っている方が多いのではないでしょうか。手相学とは手を観る学問。手のひらのシワだけの観察だけでは知り得ない多くの情報が手全体には存在します。 今日は、手のどこを観るのか、何がかかるのかをご紹介したいと思います。 手全体の観察 何事…

自粛生活でもやる気スイッチをONにする

COVID-19(新型コロナウィルス)による緊急事態宣言の期間が延長されました。STAY HOMEが続く毎日で疲弊してしまっている方も多いのではないのでしょうか。 私たちは、感情の動物である人間です。日々一定の感情を保つことは難しく、やる気が出る日もあれば、何もする気になれない日もあります。 私…

新型コロナウイルス:自粛生活を乗り切るヒント

我慢、抵抗力、持久力、体力、気力の基準は人それぞれ。 同じことをしていてもストレスを感じる人と感じない人がいます。 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令の影響で自粛生活が続く中、ストレスを感じることが多いと思います。 今日は、少しでも皆さんのストレス軽減になればと思い、そのヒン…

手相を描くということ

様々な手相学関連の文献を読んでいると、手相は神の訓示であると思わせる文章に出くわします。 手相学を深めるために読み漁ったPalmistryという洋書には、至るところに 「手に書かれていることは神様からのギフトである」 という表現が出てきます。 東洋手相の本には、手相家の心得として 人の手…

手相学のロマン〜土星

実際の土星は地球から一番遠い惑星とされています。1997年に打ち上げられた探査衛星カッシーニが、土星の軌道に入ったのが2004年。2017年には、人類で初めて土星の環の間に突入し、様々な成果をもたらしたそうです。 現代の科学によって、映像やデータをもとに宇宙の神秘が証明されてきています。けれ…

マルトリートメント〜手を読む技術と子育てサポート

マルトリートメント(maltreatment)という英単語は「人あるいは動物に対する残酷なもしくは暴力的な振る舞い」という意味。昨今育児の話題で耳にするマルトリートメントは、日本語で「不適切な養育」と訳されています。 「PHPのびのび子育て」2018年11月号に、以下のような説明がありました。 「…

北欧手相学〜人差し指が教えること

一般的に西洋手相学は手のひらに7つの惑星エネルギーが宿り、それぞれの惑星がギリシャ・ローマ神話の神と結びつき、手の中の各場所の特徴をなすよう読んでいきます。 例えば、 人差し指の付け根は木星。 木星は神々の神ゼウス、またはユーピテル。 木星で表される気質や特徴がそこにあります。 親…