子どもの本当の気持ちが分かる手相学

8

アンビバレンス〜怒りと愛情

なんだか難しいタイトルですが、今日は人間関係を改善する秘訣のお話です。 アンビバレンス(ドイツ語:アンビバレンツ)は、両価性・愛憎感情などと訳される精神分析用語です。 人の心には相反する感情が存在する アンビバレンスという心理は、手相に限らず、人の相談を受ける仕事をしている方々が…

自粛生活でもやる気スイッチをONにする

COVID-19(新型コロナウィルス)による緊急事態宣言の期間が延長されました。STAY HOMEが続く毎日で疲弊してしまっている方も多いのではないのでしょうか。 私たちは、感情の動物である人間です。日々一定の感情を保つことは難しく、やる気が出る日もあれば、何もする気になれない日もあります。 私…

マルトリートメント〜手を読む技術と子育てサポート

マルトリートメント(maltreatment)という英単語は「人あるいは動物に対する残酷なもしくは暴力的な振る舞い」という意味。昨今育児の話題で耳にするマルトリートメントは、日本語で「不適切な養育」と訳されています。 「PHPのびのび子育て」2018年11月号に、以下のような説明がありました。 「…

子どもの本当の気持ちがわかる手相の本

手相占いの常識を覆す斬新な一冊!〜すべての行動には原因となるこころがある〜 アマゾンにてご購入いただけます 手と脳は繋がっている 手と脳は繋がっています。手には人の意識が現れています。 手のひらの線(手相)だけではなく、手全体や指の状態から人の心理にアプローチする心理手相学がHAST…

不登校〜子どものSOSをキャッチする

年度始めの4月、連休明けの5月、夏休みが終わる9月は、不登校になるお子さんが多いと言われています。 大人でも、環境が変わるとストレスがかかりますし、長い休みの後は会社に行きたくないと思うのですから、子どもたちが学校に行きたくなくなるのも当然と言えるでしょう。 親子の信頼関係がうまく築…

こどもの心は”手”に聞こう!

昨年初め「キッザニアの窓」というWebコラムに取材記事を掲載させていただきましたが、キッザニアさんの体制が変わり、残念ながらWebコラムは終了してしまいました。こどもの手をどんな風に見るのかが、簡単にわかりやすくまとめられた記事でしたので、その内容を再編集してご紹介したいと思います。 …

手相学の真意〜赤ちゃんの手の変化2〜

手の様相は変化します。 脳と手が繋がっているという理論を前回紹介しましたが、手には目には見えない人の意識や心の状態が変わると変化するということでしょう。 逆にいうと、人の手の変化を観察することで、言動では知り得ない心の動きを知ることができるのです。 生まれた翌日から変化を始める手 …

手相学の真意〜赤ちゃんの手の変化1〜

前回のコラム記事「手相占いが当たらない」の続きです 手相学は人生哲学である 一人ひとりに与えられた可能性を上手に活かして生きるための道しるべであり、 日々、ストレスなく上手に生きるための方向指示器なのです。 それを確信したのは、生まれたばかりの赤ちゃんの手を見た時。 そして、時系列…