sugashi_kararine

行ってきます

マンネリ化した私

変化も
始まりも終わりも無い自分

つまらない
面白くない

繰り返しばかりの毎日
そんな日々に甘んじている私

もうそろそろそんな自分に

サヨナラの時が来ているのです
怖くても
不安でも

よろよろとした足取りでも
歩き始めなければ
何も始まらない

何も変わらない

そんな自分では
居たくない

ふらふらと
風に吹かれてみようと思います

おどおどと
波に揺られてみようと

もっとみる
嬉しい!!です
1

貴方と私の隅っこに

昨日亡くなった人達にとって
今自分が生きている「今日」と云う日は
自分達も生きるはずの 「未来」だった

今自分の生きている意味って何なのか
ずっと探し求めて
探し続けてしまう事もあるけど

意外と それは身近にあって
すぐ傍に居る

貴方や私の為に有って
出逢う人達や
すれ違う人達が創り上げる風景の中に

自分がその一部となっている事に
今生きていると云う意味が隠れているのかも知れない

看取る

もっとみる

何か 違うよ

今日一日
一体何をしたんだろう と
思う日が続きます

何をすれば
何が出来れば
其の日一日有意義だったと言えるのか
はっきりと解っている訳でも無いのに

いつの間にか
自分にとっての意味ある事が

何か形のあるもの
言葉として表せるもの

そんな何かに換えなければ
納得できない
無意味さを感じてしまう

そんな繰り返しの
日々が続きます

エネルギーの循環が上手くいかなくて
有り余っているからな

もっとみる

ホスピス

言葉を変れば
誰もが”余命”と云う時間を生きている

生まれた時から自分の持てる
この世界の滞在期間を費やして行く

残された と言うけれど
限られた と言うけれど

誰にしても
この世界を終える間の
命を生きている事に違いない

“余命”と聞いて
辛かったり 苦しかったり
悲しいと言葉が浮ぶのは

貴方と私の
距離が近くて

沢山の感情を
抱き過ぎてしまったからなの?

看取る とか
送る とか

もっとみる
えん・円・縁 ♡感謝
2

ソウルフード

ソウルフードと云うものがあります

魂の食べ物
魂を育て育んで来た誰もが持っている
心の食べ物

故郷の味
家族の 母の
味 料理

よく見れば
食べ方 流儀 作法など

各国で違っていたりするのです

ある国 地域では
音立ててもそれほど批判されない事でも
絶対と言っていい程許されない国もあり

スプーンにフォークの国あれば
箸にレンゲの国もあり

手でパンをちぎると同様に
手でご飯をまとめ 粉

もっとみる
ありがとう
4

どうして

どうして背負わないではいられないんだろ

どうして 吐き出さずにはいられないんだろ

湧き上がって来る感情を
言葉にして
絵筆を持って

或いは音に換え
ステップにのせ

表出した途端
何らかの形となって

他の目前に提示されてしまうのに

或いは 共感し同じ音色で響き合う
音叉の響きを受け取るかもと

そんな恵みに震えながら
恐れに怯えながら

表さずにはいられない

そんな人達のいる事を
そん

もっとみる
嬉しい!!です
3

お誕生日が来ます

その日は私が主役です

朝の太陽も
朝露の光のキラキラも
私のものです

其の日 私は女王であり
プリンセス 天使です

道沿いの
たんぽぽ クローバー
アザミの花も

目を楽しませてくれる
プレゼントです

風にのって運ばれてくる
草生す匂いも 鳥の歌も
皆私への贈り物です

その日聞く声
目にする景色

其の全ての中に
私へのメッセージが 籠められているのです

私は傲慢で

もっとみる
ありがとう
2

もう一つの

家族とか仲間とか

この人と と決めて
家族を作り始める

或いは この人達と
と自ら決断して集まる

そうして 何らかの形
枠組みを備えて

中身 内容を整えて行く

そんな方向もあれば

自然の流れの中で
無くてはならない存在に

必要不可欠に
其処にいて当たり前
そこに居ることが自分の一部となっていき

いつの間にか
自然に 

家族の様な
仲間の様な

意識が生まれて来る場合もあるのです

もっとみる
出会えて良かった☆会えて良かった ♡
2

ソシオパス2軍

「ソシオパスは肥大した自我の持ち主で

他人の痛みや 不利益に対しては無関心で
時には非情な行動をとることがあるそうです。

ソシオパスの行動指針は
「自分が楽しいか自分にとって利益があるかどうか」 で

そう言われれば
思い当たる事は 誰にでも

私にも充分備わっている特長です

鈍感と言う言葉では片付かない
自分最優先の

「自分さえ良ければ」しか
見えていない

自分の事で一杯で
他人の事に

もっとみる
ありがとうございます ♡
1

王道

王道と呼ばれるものがあります

誰もが通る道
誰もが持つ本質的なものの

最大公約数の様な
最小公倍数の様な

そんな本筋の道があって
シナリオがあって

初めのうちはなるほどと思い
わくわくしたり
どきどきしたりもしていたものが

非常につまらなく思えてくる
脇道へ逸れて
何か違った風景が見たくなって来る

何時までも 王道を歩いていると
安全で守られているような気にもなったりするけど

新たな

もっとみる
嬉しい!!です
3