王道

王道と呼ばれるものがあります

誰もが通る道
誰もが持つ本質的なものの

最大公約数の様な
最小公倍数の様な

そんな本筋の道があって
シナリオがあって

初めのうちはなるほどと思い
わくわくしたり
どきどきしたりもしていたものが

非常につまらなく思えてくる
脇道へ逸れて
何か違った風景が見たくなって来る

何時までも 王道を歩いていると
安全で守られているような気にもなったりするけど

新たな挑戦とか 可能性とか
冒険とかとは縁の無い

つまらなさに
無気力さに
襲われて来るようになるのです

確かに王道と言う
帰ることの出来る

或いは
誰かが必ず歩いている

王道と言うものは
消える事は無いのだろう

そんな王道が
私の中にも太い一本の道となって
伸び続けている様な気もするのです

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
えん・円・縁 ♡感謝
3
イラストレーター&エッセイスト。そして夢幻語りlandの住人 Copyright © 2018- sugashi_kararine All Rights Reserved.

こちらでもピックアップされています

変かなわたし
変かなわたし
  • 572本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。