nanaな人々

ピトパに投稿した音源をシェアしようと思ったけど、出来なかったから、nanaで7つめの投稿した時に出た特典画像?を載せてみる。風邪が治ったら、ここに直接音源を投稿する予定。

ありがとう!
1

告白すると、【結婚=愛】なんかじゃなかったよ

僕が貴女へ想いを寄せるようになったのは3年前。

「愛ってなんだろう」

馬鹿な癖に、一丁前にずっと、ずっと考えてきた。探し求めていた。飢えていた。

愛に飢え、求め続けているうちに、愛のカケラもない人間になっていた。

僕という愛のない人間が人形のように操られるままに流されるままに生きていて、ある時出会った女と結婚した。愛を語るその女に、「これが愛なのか」と曇った目で何を見たのか、そのまま信じて

もっとみる
見つけてくれてありがとう🐌🐝幸せクローバーをあなたに!🍀
21

自社のサービスの可能性を再認識。nana初の展示会出展レポート!

暑い日が続いて夏本番という今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。セールスチームでは、この暑さにも負けることなく、nanaの魅力を様々な企業さまにご理解いただけるよう日々営業活動を続けています!

今回の記事では、nanaというサービスをご理解いただくための活動の一環として、今年初出展したWEB販促EXPOという展示会への出展概要やいただいたリアクションなどをご紹介したいと思います。

実は

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
5

ユーザー同士を「好き」でつなぐ媒介になる。nanaのSNS担当が考えるコミュニティの盛り上げ方

nana musicのメンバーの素顔に迫るインタビュー企画「nanaな人々」。今回は、「nana」内の公式アカウント『nana運営チーム』と、Twitterの公式アカウント『@nanamusicinc』の運用を担当している越部(こしべ)をご紹介します。

ミュージカル好きで、自身も「nana」のヘビーユーザーだったという彼女。今はnanaのユーザー同士をつなぐ役割を担う越部に、nana music

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
23

エンジニア、音楽家、起業家…。様々な顔をもつ開発者、関根元和が語る「nana」の開発

nana musicで働く多彩な経験をもつ人々に迫る連載企画「nanaな人々」。今回は「nana」の要ともいえるiOSの開発に携わるエンジニア、関根元和(せきねもとかず)に話を聞きました。

SNSを開くと「趣味を仕事に」、という言葉を目にすることがありますよね。関根はまさに「趣味を仕事に」を体現した働き方をしています。中学生の時にプログラミングでゲーム開発をはじめてから35年間、常に最先端の技術

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
22

投稿されたサウンドはかけがえのない宝物。ダウンロード機能の試験運用から学んだユーザーの想い

nana musicでは、より多くのユーザーに「楽しい!」と感じてもらうために、日々アプリの改善や新機能の開発に取り組んでいます。

今年の初めには、かけがえのない「思い出」を、大切に手元に残してほしい!という想いを込め、ユーザーが自らコラボしたサウンドをダウンロードできる機能の試験運用を実施しました。

しかし、スタートから数週間後、ユーザーの反応などを踏まえ、想定よりも早く試験運用を終了。そも

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
7

クリエイターとユーザーを行き来する。プロの作曲家兼nanaイベント担当が成し遂げたい目標

nana musicに在籍する多彩な経歴を持つ人々の素顔に迫る連載企画「nanaな人々」。今回は、ユーザーと「nana」のリアルな架け橋となるイベント「nanaるday」に取り組む瀬戸口に話を聞きました。

幼い頃から音楽に親しみ、卒業後はフリーランスとして音楽制作に取り組んでいた瀬戸口。とある出来事をきっかけに音楽から少し距離を置きますが、「nana」と出会い、改めて「好きだから歌う」ことの大

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
18

nanaはグッズもユーザーと一緒に作る!100人のスポンサーを集めてトートバックを作りました

好きなバンドのTシャツやスポーツチームのユニフォーム、推しのアイドルのタオル。少し値段が張っても、「思い出だから...」と、つい手が伸びてしまいます。

身につけているだけで気分が上がりますし、同じグッズを持っている人に会うと、つい話しかけてくなりますよね。

そんな体験を「nana」ユーザーにも届けたい...!という想いを込め、nana musicではオリジナルグッズの企画に取り組んできました!

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
12

好き勝手やっていた趣味エンジニアから会社員になって学んだこと #nanaな人々

こんにちは、Androidエンジニアの木永です。僕は、nana musicに入社して、社会人となりました。

社会人1年目はわからないことだらけで、まともに出来たと思えた仕事は数えられるほど少なかったです。そんな自分の1年間で得た知見や経験を社内勉強で発表したりもしました。

今回は1年目の振り返りと、2年目ではAndroidエンジニアとして必要なスキルや知識などがどう変わったか、などをお伝えでき

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
10

30歳でプログラミングを始めて2年半くらい経った #nanaな人々

こんにちは、nana musicでソフトウェアエンジニアとして働いているKakutani(@xKxAxKx)です。

タイトルのとおり、僕は30歳でプログラミング未経験の状態から学習を開始し、曲がりなりにもソフトウェアエンジニアとして給料をもらって生活をすることができている。

「プログラマー35年定年説」というのは今となっては過去の遺物となっていて、30代からプログラミングを学習し、ソフトウェア

もっとみる
わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
13