MANABIYA

MANABIYA Report vol.14【石原凌河さん】

2018.04.24(火)19:00~21:00 00.Work Shop space & Office 災害という想定外に備えて ~防災から始めるまちづくり~ 龍谷大学政策学部 講師 石原 凌河さん ◆プロフィール1987年京都府宇治市生まれ。関西学院大学総合政策学部卒業、大阪大学大学院工学研究科博士前期課程・同博士後期課程修了。専門は地域防災、災害復興、持続可能な都市・地域への再生。大阪府立大学地域連携研究機構、人と防災未来センター研究員等を経て、2016年4月から現職

スキ
1

MANABIYA Report vol.36【奥井希さん】

2020.9.26(土)19:00~21:00 びぃぷらす よかったら入りませんか ~まちを楽しめば、まちは楽しい~ 流しのこたつ 奥井 希さん 1.はじめに「流しのこたつ」 ヘンテコな名前ですね。もちろん褒めてますよ(笑) 僕が流しのこたつに出会ったのは2018年の夏でした。 まちなかで“こたつ”を出す違和感! そして、こたつに入ったときの安心感! とても面白い体験でした。 今回はいろいろなまちに出かけ、こたつを広げてみんなで楽しむ。そんな“遊び”をしている奥井希さん

スキ
2

【知りたい教育の基本の”き”】outputの前にintake を。

インプット、アウトプット。 誰もが一度は聞いたことのある言葉かと思います。 定期試験の直前や受験を控える学生時代。 また、支える世代になってから。 ビジネスの場面でも耳にするこの言葉ですが正しく理解できていますでしょうか。 結果として求められるものは「アウトプットの質」だと思います。 それに対してインプットは「量的」な考え方をされることが多いように感じます。 「どれだけインプットに費やし、アウトプットの質を高めるか」 こういうとなんとなく聞こえは良くて、「確かに!

初めまして、スタディサロン"manabiya"です。

はじめての投稿になります。 完全招待制スタディサロン"manabiya"です。 塾を少し小洒落た言い方をしているようですが、実際にはいわゆる学習塾との棲み分けをしていただきやすいよう、スタディサロンとつけております。 どんなことが塾と違うのか、ということについて別途投稿させていただきますが、まずは簡単な自己紹介をさせていただきます。 【受講料はいただいておりません】 おそらく「は?」と思われたかと思います。 わかります、逆の立場であったなら意味がわからないことでし

スキ
5

MANABIYA Report vol.08【柳川誉之さん】

2017.10.26(水)19:00~21:00 00.Work Shop space & Office 居酒屋から発信する居場所づくり~事業の元となる想い~ 株式会社フォーシックス代表 柳川誉之さん "感謝"があれば認めてもらえる。”決意”があれば自己実現ができる。小さなアクションが居場所をつくる。 1.”働く”ってなんだろう?(1)会社はなぜ存在するのか? 新入社員の3割が3年以内に会社を辞めている現状。 企業ブランドを追い求め就職した人達の中で実際の業務に携わり、

スキ
1

MANABIYA Report vol.35【秋田大介さん】

2020.2.29(土)19:00~21:00 びぃぷらす つながるマチ 、つなぐ未来~みんなの声が元気玉~ 神戸市企画調整局つなぐ課特命課/NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト副理事長/Kobe Mural Art Project実行委員会 代表 秋田大介さん 1.はじめに面白い公務員 まちなかで活動をしていると『面白い公務員』さんに出会うことがあります。彼らはなぜ面白いのでしょうか? 公務員=堅い・動きが鈍い・融通が利かない と言ったイメージがあると思います。で

スキ
8

MANABIのオンライン

新型コロナウイルスの影響で対面の付き合いが制限される状況が続いています。僕にとっても例外ではなく、企画したイベントをキャンセルしたり、3年ほど続けている月一セミナーのMANABIYAもどうしようと考えています。 生活を掛けてやっている活動ではないので、やめることや休止することは可能なのですが、そこで歩みを止めてしまうのも嫌なのでどうにかできないかと考えています。 いま、世の中ではいろんなオンラインツールを使ってオンライン学習が盛んてす。オフラインでやっていた先生もオンライ

スキ
2

MANABIYA Report vol.34【田村康一郎さん】

2020.1.24(金)19:00~21:00 coworking space" mocco" 自分が動けば、まちも動く~プレイスメイキングでまちを繋ぐ~ プレイスメイキングXリージョナルメンバー/ソトノバライター/QUOLディレクター 田村康一郎さん 1.はじめに「都市を変える」それは一部の人たちでしか出来ないことでしょうか?いま、世界各地で私たちの『暮らし』から都市を変える動きが起こっています。 【都市は自分たちで変える】 プレイスメイキングはそれを可能にする力です

スキ
3

MANABIYA Report vol.33【金川圭美さん】

1.はじめに『金ママ』さんの愛称でおなじみの金川圭美さん。高砂の戎町に「まちの保険室カフェto be」を開いています。まちの保健室カフェは路地裏の奥にあり誰もがたどり着けるような場所ではありません。でも、その場所にはいつもいろんな人がいて、体のことや地域のこと、子供のことなど、いろいろな会話が行き交います。今回は金ママさんに体のことから私たちの生活について話して頂きました。 2.問いかけ続けて見えてきた「まちの保健室」(1)自分への問いかけから始まる学び 金ママさんは20年

スキ
12

MANABIYA 裏Report vol.32【笹尾和宏さん】

1.はじめに光あるとこに影がある。表があれば裏がある。レポートも裏があってもいいんじゃないの? ということで、レポートで書ききれなかった事例紹介をメインに裏レポートをお届けしようと思います。 2.小さな活動がまちを変える(1)きっかけは面白い事をしている大人たち 笹尾さんが「自分たちの小さな活動でもまちを変えていける」ことを教えてくてた事例を4つ挙げていただきました。 ①「立入禁止」と書いていない水辺の柵を超えて、みんなでランチ ②勝手に水辺に筏を浮かべて花見をする人たち

スキ
4