DCCツール

DCCツール

最初に触れたDCCツールは・・・LightWave3D。 Silicon Graphics Visual Workstation320を買った時にバンドルされていて、価格もかなり安かったので・・・ということと、最初に勤務した学校のDCCツールがこれだったので。 で、そのあとはもっぱら・・・3dsMax しかし・・・教員ではなくなったので、前述のような15~25万円の高額なDCCを使うわけにもいかないので、「Blender」一択なのかなと。 実はBlenderは全く触れ

スキ
3
usagiou、コンテとキーアートを作る

usagiou、コンテとキーアートを作る

前回は提出までの過程を書きましたが、今回はその中身について。 提出書類はこんなカンジ 〇企画書(作品内容でなく育成計画のプレゼン資料) 〇メインスタッフリスト(動画協会から送られてきた所定の書式) 〇団体概要(動画協会から送られてきた所定の書式) 〇概算予算表(動画協会から送られてきた所定の書式) 〇キーアート(任意だけど無いのは流石に問題外デショ・・・多分) 〇作品概要企画書(ざっくりとした午後ローの番組表位のあらすじ、とキャラデザインなど) 〇コンテ(1分前後 一分尺は

スキ
7
アーティストスポットライト:3Dジェネラリスト兼コンセプトアーティストDavid Aguero

アーティストスポットライト:3Dジェネラリスト兼コンセプトアーティストDavid Aguero

ソフトウェア:LightWave ポートフォリオ:ArtStation-David Aguero 国籍:アルゼンチン すべてのCGアーティスト、フリーランサー、スタジオにGarageFarm.NETをお勧めします。その背後には、非常に珍しい技術的な問題があっても非常に協力的な本物の人間の素晴らしいチームがいます。おかげで、ハッピーレンダリング! DAVID AGUERO Davidは、アルゼンチンのブエノスアイレス出身のCGジェネラリスト兼コンセプトデザイナーです。彼

スキ
1
ガレージファーム LightWave 3D レンダリング チュートリアル

ガレージファーム LightWave 3D レンダリング チュートリアル

1.ダウンロード及びインストールhttps://app.garagefarm.netでWeb Manager(Webダッシュボード)にログインし、自身のオペレーティングシステムに合ったrenderBeamerアプリをダウンロードします。 Webマネージャーのダウンロードパネル renderBeamerアプリをインストールして起動します。 renderBeamerがインストールプロセスで完了したら、デフォルトのダウンロードディレクトリを選択します。この経路は、すべてのレンダ

The 3D Art of Buttons: Sesame Part.2

The 3D Art of Buttons: Sesame Part.2

Team:Clutchのギギです。 さて、前回、唐突に始めたセサミですが、続きをやっていきます。前回記事はこちら(The 3D Art of Buttons: Sesame Part.1)。 体を結合したあとに、目と口を大まかに追加し、あたりをつけます。本当なら、この後の工程もZbrushでやっていけたら良いのですが、ポリゴンモデリングそのものになるので、ここは慣れているLightwave3Dで作り込んでいきます。 各種ツールで、目や口の縫い目などを調整し…顔とパーツをく

スキ
2
作画用素体の試行錯誤

作画用素体の試行錯誤

最初はアタリ用途程度に考えていたけど、 だんだんスカルプトが楽しくなってきたので 練習もかねて色々作ってみてる。 パーツに分けてスカルプトで作って、試しに描いてみたけど、 体が小さくなってしまったのでボツイラスト。 でも、大体の工程は決まってきたのでこの調子でやれば 自分のモデリングでもなんとかなりそう…かも…。

スキ
2
有料
100
ガラス生花。

ガラス生花。

スキ
2
破壊
再生

破壊

まだ何も分かっていないのでこれからもうちょい覚える。

スキ
1
机とかロッカー変えてレンダ挑戦。

机とかロッカー変えてレンダ挑戦。

スキ
3
パイプ形状

パイプ形状

スキ
1