せかほしが教えてくれたこと
+1

せかほしが教えてくれたこと

お久しぶり。 そんな言葉で始めるのもどうなんだかって感じだが、以前から、私の記事をお読みの方はお気づきだろうが、すこぶる更新頻度が落ちている。 そんなにもう、アウトプットしなくてもよくなったというのが正直なところ。 前なんて、この気持ちを言葉にして吐き出さずして正気でいられようか?っていうぐらいに、精神的に不安定な毎日を送っていたけれども、お陰様で、かなり今では穏やかに過ごせるようになった次第。 何で平穏になったかなぁと自分で思い返してはみて、何となしに、決定打になったんじゃ

スキ
30
松尾潔○永遠の仮眠の仮面

松尾潔○永遠の仮眠の仮面

○大学在学中から音楽ライターとして活動。 三柱とも共通干のある 久保田利伸(62-0724/雨亥)との交流をきっかけに、 90年代半ばから音楽制作に携わる。 SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。 平井堅やCHEMISTRYらもプロデュース。 07年(灯亥)の守護神条件なし天冲殺の夢の中から、 EXILEのシングル「Lovers Again」の 作詞とプロデュースを手掛け、 同曲の作詞家としてDNA「牽」の干合名誉年に、 08年度JASRAC賞銅

スキ
8
Siouxsie and the Banshees の『Juju』を聴いてみた編
+3

Siouxsie and the Banshees の『Juju』を聴いてみた編

こんばんは、内山結愛です。 今回は、Siouxsie and the Banshees の『Juju』を聴いてみた編をお届けします。 変幻自在のギター、原始的なドラム、高揚する呪術的なボーカル。 黒く美しく、祭祀めいたサウンド漂うポストパンク・ゴスな一枚。 是非読んでみて、聴いてみて下さい! 1.Spellbound 怪しげに恐る恐る一音一音足を進める。タンバリン?激しい。開始30秒で馬が駆け抜けるようにアップテンポに疾走。何故か先入観で男性ボーカルだと思っていた

スキ
41
続きの世界線はどこですか?『TOKYO MER~走る緊急救命室~』最終回

続きの世界線はどこですか?『TOKYO MER~走る緊急救命室~』最終回

音羽先生のネクタイ、シュッ&MERの存在意義復唱&初めての涙白金大臣の「引っ込んでいてもらえますか! 政治家は国民の命を守ることが仕事」(大臣の指示の的確さに惚れる。赤塚知事と白金大臣、紅白揃いましたね) そのほか、 公安・月島、カムバーーーック! 比奈先生の成長……(涙) SIT・新井隊長再び&安定の千住さん なんだかんだ政界で生き残るのが上手な久我山! そして喜多見チーフ、倒れ込む音羽先生キャッチ!! などなど、全員が主人公、見どころが詰まりに詰まった最終回。冒頭か

スキ
24
作曲・編曲㉜

作曲・編曲㉜

今日は事例研究の2曲目です。 今度は普通にポピュラーで、取り上げる曲はJUJUさんの「Distance」です。 もう何度も取り上げているので、目新しさはないような気もしますが(汗)。 やはりこの曲のポイントはイントロと落ちサビ、落ちサビ前の間奏にあると考えています。 構造としてはイントローAメロ(A-A’)ーBメロー(B-B’)ーサビー間奏ーAメロ(A-A’)ーBメロー(B-B’)ーサビー間奏ー落ちサビーラスサビーエンディング、といった構成です。 話が重なって申し訳

スキ
6
夏が終わる~春馬君を想う一年が過ぎて

夏が終わる~春馬君を想う一年が過ぎて

9月に入った途端に雨続きで、気温も低い。暦の上ではとっくにだけど、夏が終わったんだなぁって言うことを強く感じる。 2021年の夏は感慨深いものになった。おおよそ7月の頭から8月いっぱい、このいくつかの出来事を書いておこうと思う。とても個人的な覚え書きです。 1.春馬くんの一周忌これは大きかった。他の方々の反応にも感じる、この日に至るまでのなんともいえない緊張感。同じ節目でも、誕生日の時とは意味合いが違うんだと感じた。そしての日を迎え、乗り越えた。この時の気持ちを残しておきた

スキ
13
JUJU「俺のRequest」(今日の音楽と徒歩と私 2021/09/01)
+3

JUJU「俺のRequest」(今日の音楽と徒歩と私 2021/09/01)

今日は歩いて来ました。 風があって歩きやすかったです。 でも湿気が多いのか汗だくになりました。 運動してるーと感じる瞬間です。 昨日一昨日はとくに理由なくサボり🤣。 ま洗濯干した日と畳んだ日でした。 今日は洗濯干したけどウォーキングもしてきました。 やる気の問題ですね。 今日も単発音楽。 今日はJUJU。 今日はJUJU「俺のRequest」を聴きながら。 1.奏(かなで) 2.One more time, One more chance 3.くるみ 4.LA・L

スキ
1
薄れゆく記憶が切なくても〜大丈夫、少なくとも、こちらが全部覚えてるで!〜

薄れゆく記憶が切なくても〜大丈夫、少なくとも、こちらが全部覚えてるで!〜

24時を回った頃にシャワーを済ませ、冷房が効いた部屋で、ぶどうを食べながらハイボールを飲む男。おしゃれな生活に見せかけているわたしだ。 先週実家に帰ったときに祖父にウイスキーをもらい、東京に持ち帰った。 12年もので高級らしいが、残念ながら孫はお酒に詳しくない。 実際は、そのウイスキーが美味しいのかどうかが、あまりわからなかった。 安いハイボールと味が違うことが感じられたことだけで安堵しているレベルの孫だが、引き続き身内のよしみで美味しいものを恵んでほしい気持ちは変わらな

スキ
1
作曲・編曲㉒

作曲・編曲㉒

一応サビまでいったので、次は間奏ですね、と行きたいところですが、ここはとりあえず一旦飛ばします。 今日は大サビ(もしくはCメロorDメロ)について書きたいと思います。 はっきり言って不要です。 もちろん効果的ならあっても構いませんが、必須といった性格のものではありません。 自分の場合、絶対に作りません。というのも歌う部分が増えるからです(笑)。 まあカラオケなんかで歌っている分には歌うのは好きですが、やはり音楽制作という側面から考えると歌うのは苦手だし、歌いたくあり

スキ
3
選曲が程よい感じw:JUJU  JAZZ LIVE2021  MAKE IT DELICIOUS ANYWHERE!!
+2

選曲が程よい感じw:JUJU JAZZ LIVE2021 MAKE IT DELICIOUS ANYWHERE!!

JUJUのデビュー記念日(8/25 )にブルーノート東京で行った配信ライブ。 アーカイブなしの配信のみで、1時間45分くらいかな。 特にJUJUのファンじゃないはずなんですが、なぜか結構配信を見てます。 なんでやろ?w 選曲はこんな感じ。 JAZZ LIVEと銘打ちつつ、JUJU自身が好きだった曲〜みたいな感じで、JAZZ以外からも選んでます。 まあ編曲はJAZZ寄りだったですけどね、もちろん。 光の中で(JUJUのデビュー曲) Moanin’ Take Five バード