80年代末、日本ロックシーンは伝説を3つ失った / レベッカ 「Vanity Angel」

90年代の始まりは、日本ロックシーンの大きな喪失からのスタートでもありました。80年代の偉大なる伝説が3つ終焉を迎えました。

今回は3つ目の伝説についてご紹介します。

女性フロントマンの先駆けとなったバンド、レベッカ

このグループの特徴は、なんといってもNOKKOの存在でしょう。これほど個性的で魅力的なバンドのフロントマンは、日本のロックシーンでは稀有とも言えますね。(ロックバンドのフロント

もっとみる
ありがとうございます⭐️!お時間ある時にゆっくりご覧ください。
128

80年代末、日本ロックシーンは伝説を3つ失った / BOØWY 「季節が君だけを変える」

90年代の始まりは、日本ロックシーンの大きな喪失からのスタートでもありました。80年代の偉大なる伝説が3つ終焉を迎えました。

今回はまず一つ目の伝説から。

一つ目の伝説の終焉

BOØWYは、元々、ストレートなパンキッシュなロックバンドでした。氷室の趣味ですかね。

そこからすぐに欧州ポップトレンドを取り入れて、例えばビジュアルはデイヴィッド・ボウイやボーイ・ジョージ風、音楽はテクノポップや初

もっとみる
ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
68

心に残ったゲーム

今週は祝日があったせいか、早く終る感じがしますね。

少しずつ寒さが顔を出し、街もクリスマスに向けて彩りを変えているので、いよいよ冬が始まります。

寒さに負けないように、体調管理されて下さい。

心に残ったゲーム:「グーニーズ」

今回始めてnoteの募集テーマに関して書いてみます。

私の心に残っているゲームは、

「グーニーズ」(1986年コナミより発売のファミコンソフト)です。

当時人気

もっとみる
Thank you for reading!
1

A piece of rum raisin 第13章 新橋第一ホテル(4)

第 13 章 第一ユニバース:新橋第一ホテル(4)
1978年12月25日(日)

 バイト先のホテルから原宿の家に戻った。5時50分だった。玄関を開けると、メグミがいた。「おかえりなさい。お疲れ様。洋子に会えた?」と無表情で私に訊いた。「会えたよ。もちろん、記憶がまだ転移していないから、私のことを知らないけどね」

「そうか。時間軸の因果律は有効ということね。起こるべきことは起こる。洋子のここ(

もっとみる
スキ、ありがとうございます。
3

おまけのお皿。

3日間、岐阜の中津川、恵那の方に遊びにいってました。

旦那さんのお友達のところは、
夏の子供向けのサマースクールなどをされているところでして、
それなら子供たちも体験させてもらおう。
ということになったのです。

自然体験工房NENO
https://neno-way.jimdo.com/

子供たちは、ワーワー、遊んでいる間の3時間ほど
馬籠宿というところへ行ってきました。

そこのお店で買っ

もっとみる
スキありがとう!!(^O^)(^O^)
6

シティポップを聴きながら

80年代後半生まれの私にとって、
大人ってのは、土曜日の昼に学校から帰って、焼きそば食ってから観てた『シティハンター』とか、『ルパン三世第2シリーズ』とかの再放送の世界観なんだよな。(後、『美味しんぼ』とか…笑)

だから、いつまで経っても、自分、大人になった気がしないわ。

あの粋でセクシーで、でもダラしなくて、でもでも、キメるとこは、ばっちりキメる…

それが、大人なんだよ!

なんだか、あの

もっとみる
"I Know" byハン・ソロ
40
みーとぅー!!
15

Amazon musicで原田真二さんをダウンロードして聴きまくってます。すんごくいいな。記憶の奥〜の方にキャンディとかタイム・トラベルとかはあったんだけど、多分小さかったからあんまりリアルタイムじゃなかった。聞き返すと名曲ばかり。天才よ。勢いで聴きながら漫画描いたわ。

アリガトゴザイマス!ワタシモスキデース
41

推しの結婚で泣く話

sanmataさんのこちらの記事を読んで、私もおめでとう漫画を描いたのですが、コメント欄で玉兎さんも書いていらっしゃるような、「この推しタレントが結婚して泣いてしまった」という記憶がほとんどなくて、つらつらと思い出してみたら、石野真子ちゃんが結婚して引退!という時に泣いたなぁ……とふと思い出しました。百恵ちゃんが三浦友和さんと結婚、引退の時も「なんであんな男と!」と思ってショックだったのを思い出し

もっとみる
アリガトゴザイマス!ワタシモスキデース
54

その出版社、凶暴につき 番外特別篇 「四谷のあやしい人々」

3週間ほどお休みをいただきました。
とりあえずの復活、というわけでもないのですが、貴重な資料を入手することができたので、この機会に掲載したいと思います。二年後輩の編集部員だったT瀬が当時書いていた「四谷のあやしい人々」というタイトルが付けられたイラスト集です。二十数年前の資料を保存していて、提供してくれたのは、同じ二年後輩の元営業部員で、いまは筑摩書房にいるM澤。著作権者であるT瀬に掲載の了承を取

もっとみる
ありがとうございます、小吉です!
12