100人共著プロジェクト

バ美肉おじさんの憂鬱

「バ美肉おじさん」という言葉をご存知だろうか。「バーチャル美少女受肉おじさん」の略で、昨今流行りのバーチャルユーチューバーなどで美少女になりきるおじさんのことである。何を隠そう、俺はバ美肉おじさんなのだ。おじさんってほどの歳でもないけれど。

最初は自分好みの3Dの美少女モデルを作ってみたかっただけだった。ところが、いざ完成してみたら動かしたくなってきて、やるなら徹底的に、とボイスチェンジャーで声

もっとみる
【吉】ありがとうございます😃
8

800字に詰まった嘘のドラマ

7回目の100人共著プロジェクト、【嘘 編】の正規版が発売されました。
名前とコメント入りです。800字に詰まったあらゆる嘘のドラマ。
私の寄稿した作品はこちらです。
よかったらどうぞ。エッセイです。

小さな衝動

小学校の頃、妹の友達が家に遊びに来たことがあった。わたしの部屋にかばんを置いて外へ遊びに出たようだ。机で本を読んでいたわたしはふと、かばんに目をやった。友達の開いたかばんの口から何か

もっとみる
励みになります!
8

【告知】100人共著プロジェクト 第7回~嘘篇~ 好評発売中!

#100人共著プロジェクト 第7回~嘘篇~

ダウンロードはこちらから!
https://www.amazon.co.jp/dp/B07QKLHTS4

100作品の「嘘」が集まりました。私も書きました。
エッセイ、コラム、小説などどれも800字程度で大変読みやすくなっております。

通常価格600円が4/18までなら著者匿名で投票権付価格300円になっており、印象に残った3名に投票できます(書籍

もっとみる
♡ あなたの明日がHappy でありますように・・・
35

人生は嘘だらけ

キャプロア出版から100人共著プロジェクト「嘘 編」が発売中である。
今回、100人の感想を書いてみようと思い、チャレンジ中なのだけれど。
嘘の話ばかり読んでいると、なんだか嘘にまみれて生きている気がしてくる。
人間ってどうしようもないなぁとため息がでたり、優しい嘘に涙したり。
100人共著が好きな理由は多様性に富んでいること。 それぞれの嘘の裏に人生が見える気がする。どんな嘘も汚いとは思わない。

もっとみる

自閉症(発達障害)の息子が保育園を卒園して、パパとして思うこと

先日、息子が通っている保育園で卒園式があった。息子は卒業生だ。

両親へメッセージを伝える場面で、息子は「パパとママの子供で良かった」とスピーチしてくれて、いろいろと胸にこみ上げるものがあったのだが。
自分はそれよりも、息子が卒業式の間、きちんと座っておとなしく待機していることに、もっとも成長を感じていた。

息子は5年間、同じ保育園に通った。
5年間を通して、保育園の朝の送りはパパである自分がず

もっとみる
賽は投げられた。「 2 」の目だった。
40

小さな虹

キャプロア出版100人共著プロジェクトの「色」編のときに書いた作品。少し手直ししました。あちゃーやってもうた!と思いましたが、本当に小説は難しいと心から思いました。
766字

小さな虹

ママが買ってきたケーキは、2人で食べるには大きすぎた。私の10歳の誕生日にパパはいないのだから。3ケ月前に交通事故で死んでしまったパパ。私は急にママと2人になって心にぽっかり空いた穴をどうしていいのかわから

もっとみる

あの庭

一年前、100共著プロジェクトというものに参加した。参加した理由は簡単。好奇心。
すでに出版されていた「1440分」というテーマの本を読んでみた。100人100様の1440分がそこにあった。体験、小説、SF、独白スタイル、コラム、なんでもありでこれは面白そうだと思い、恐る恐るメッセージを送ってみた。
私なんかが書いていいのか。自分の文章を俯瞰して見るのは難しい。テーマは、「場所」だった。好きな場所

もっとみる
ありがとうございます!
8

第七回100人共著プロジェクトに参加します。

久しぶりに100人共著プロジェクト開催です。

テーマに沿って600~800字の文章を書き、参加者みんなで投票してMVAを決めるこの企画。わたくし第五回でMVAを頂いております。

今回のテーマは「嘘」。エッセイでも小説でもフィクションでもノンフィクションでも何でも構いません。

原稿締切が12月22日(土)23:59なので、参加表明はお早めに。

因みに私はもう入稿しました!

良かったらみなさ

もっとみる
【中吉】ありがとうございます😘
10

第7回100人共著プロジェクトの受付が始まったよ〜

第7回100人共著プロジェクト、今回のテーマは?

今回のテーマは「嘘」です。

嘘に関連する作品であれば、コラムでもエッセイでも小説でもポエムでもすべて受け容れます。ほぼノンフィクションでもフィクションでも問題ありません。

またルールというのも、そんなにありません。このみっつくらいです。

文章は600文字から800文字まで

電子書籍なんで20,000文字でも書きたい!って言われる人もいると

もっとみる
賽は投げられた。「 6 」の目だった。
36

握手

ゴールデンウィークの一日、私は梅田で迷った。Googleの地図では到着しているはずなのに、VALU BARの場所が見つからない。久しぶりに履いたヒールの足が痛い。もう帰ってしまおうか、と思いながらも、なぜか行きたいという気持ちが勝った。
迷い出してから20分が過ぎたところで、メッセンジャーグループにヘルプを出す。お世話役の人から動画が送られてきた。スマホを見ながら、目的地に向かう。

BARに入る

もっとみる
あなたにも幸運を!
6