釈迦に説法

釈迦で〜す♫

みなさん、こんにちは。

神と人間のハーフ

『釈迦で〜す♫』

人間の面白いところって

たくさんあるんやけど、

そのうちの一つとしてあげると

人間は不安になるとすぐに

根拠のないことでもすがってしまう。

そんな話があるねんな。

例えば、大安、仏滅、先勝、先負

赤口、友引とか、厄年や大殺界なんか

その代表例なんやけど、釈迦で〜す的には

この日は良いとか、この日は悪いなんて

一切

もっとみる
ココロ豊かな人ですね😄
1

釈迦に説法

その道のスペシャリストに物を教えてしまうという何とも滑稽な事です。

しかしスペシャリストとは言っても考えの懲り固まった価値観の方はたくさんいらっしゃいます。 

お釈迦様はまさにその業界のスペシャリストであったわけですが、学びを止めていたわけではないのです。
常に仏の道を歩まれ学び続けた方なのです。
トップだからといって下の者から学びはないと決めつける事もまた未熟な証拠です。
もちろんこちらから

もっとみる
お褒め頂けて感動です。
8

NZのテロリズム事件

New Zealandで、Isram教徒がテロリズムを行ったとされているが、9.11事件と全く同じ構図で、New Zealandが、Isram教徒であることが分かっていながら、ChristianでもIsramでもない日本人でも取得するのが難しい永住権をいとも簡単に、Isram教徒に与えておいて、そのIsram教徒が、New Zealandでテロリズムを起こしたとされている。

完全な自作自演で、い

もっとみる

階級制度がない日本

階級制度がない日本に、年功序列というわけのわからない制度でもない慣習なんて要らない。

年功序列を崩壊させて、世代交代、世代交代。

戦後日本人なんて要らない。

相手が白洲次郎だったら、日本刀を持ち出してきて、叩き斬る。似非外国人にとやかく言われる覚えはないと斬って捨てる。

白洲次郎の自宅をモノ言う日本人に売る。そうだろう、白洲次郎。

白洲次郎の家に帰ったらええわけや。

はやぶさだかなん

もっとみる

Senate

良識の府は、基本的に数の政治、民主政に組みさないが故に、良識の府と評されるわけで、この良識の府を頭数で考えようという発想がそもそもSenateへの理解不足。日本で言えば、参議院をより衆議院のように改革するという合区案はその最たるもの。
もっとも、情報化社会と移転の自由が容易になればなるほど、その地域に詳しくない、ただ頭数だけを揃えた新興宗教、創価学会でもがあるので、地方政治においても、国政において

もっとみる

年初いきなり八百長

社会人駅伝も大学駅伝も八百長であるのは百も承知だが、それは当然として、社会人駅伝には、運送会社は社会人駅伝チームを持っていない。日々、仕事で走っているのに、遊びで走ってられるかという事。スポーツは金目で動いているので、勝敗も金次第。
私がスポーツをやらないのは、スポーツが基本的に八百長で、儲かる運動ではなく、浪費だけの肉体運動。Ridiculous.

Note.
そもそも往路優勝がオカシイ。1

もっとみる

赤旗

ブラック企業に反対、労働法を守れと叫ぶ日本共産党は、赤旗という新聞を発行しているが、この赤旗を配っているのは、形式上は、日本共産党の正規の職員となっており、時給1500円で、赤旗新聞の配布を行っているとのことだが、すべて架空の、机上の空論の話で、実際は、「善意」の日本共産党員が、無償で赤旗新聞を毎朝、配布している。日本共産党員であれば、労働法が適用されないのか、日本共産党員であれば、人ではないのか

もっとみる

法的三段論法

英国が、ドイツを攻める。
ドイツが、フランスを攻める。
ゆえに、英国は、フランスを攻める。

これが、歴史に法的三段論法を用いた結果。

歴史的事実は、Natizドイチェが、英国を空爆し陥落間近、Natizドイチェ軍がParisを占領。しかし、レニングラードで、Natizドイチェ軍敗走。第二次世界大戦は、英仏が、ドイチェを攻めた所為。列強国が、後発国叩いた事が原因。英仏露が、ドイチェ、イタリー、ト

もっとみる

ソクラテスとの対話こそ解釈

ソクラテスとの対話という著者が、ソクラテス本人ではなくて、弟子のアリストテレスが口述筆記したという霊言本が岩波文庫にあるが、産婆術と称して、Romaの全市民を論破したという武勇伝が一言だけ書かれていて、 Virtually Editされているが、結局、Democracy(民衆)が、Riotになって、Roma王に直訴に行った所、いとも簡単にソクラテスは引っ捕えられて、Roma王も寛大な処分を下し、ソ

もっとみる

WE GO

WE GOは、Kick The Can Crewが使っていた。後から、DAIGOが出て来た。Generationの問題。世代交代。Kick The Can Crewは、政治ネタばかりだ。かなりPierrot。つまり、経済は存在しない。直ぐに、頭うちになる。Kick The Can Crewは、竹下亘を見ていた。後で分かったこと。

内藤大湖出馬はやむを得ない。Inevitably.

Here

もっとみる