課題研究

下川商業高校 課題研究 最終発表会

12月18日、下川商業高校にて、4か月をかけて実施してきた、「課題研究」の発表会が行われました。3学年41人が、16班に分かれて発表。自身の興味関心を出発点に、地域の課題解決を意識しながら企画づくりを行いました。

当日は、1,2年生も参加。これまで関わったゲストも8人も駆けつけ、保護者や先生も見守り、緊張感のあるプレゼンテーションが続きます。

プレゼンに耳を傾けるゲストの表情も真剣そのもの。

もっとみる

下川商業高校課題研究 プロジェクト紹介④

プロジェクト紹介ラストは、SDGsを探究素材として取り上げた、Sくんの紹介です。「SDGsの普及啓発」をテーマに掲げたのはよかったものの、実際に誰に何をするのかを決めるのにはだいぶ苦労がありました。
政策推進課インターンの大学生清水さんのミッションとの重なりが多かったので、一緒にアイディアを考えたり、役場に来ては、いろんな人に声をかけてもらったり、本を借りたりしながらマイペースに進んでいった印象で

もっとみる

下川商業高校課題研究 プロジェクト紹介③

課題研究のプロジェクト紹介、第3弾です。
テーマは「下川産の木でつくるスケートボード」クラスのムードメーカ!?の3人男子チームが取り組みました。

自分の興味のあるものから課題設定をと、ゲストトーク後の話の中で出てきたのが、共通の趣味「スケートボード」。若者が興味を持つものがテーマの方がいいよね、というのがこのチームのコンセプトでした。

下川産の木ってどんな?森の生活スタッフに聞いたりしながら、

もっとみる

下川商業高校課題研究 プロジェクト紹介②

下川商業高校、3年生の課題研究のプロジェクト紹介の第2弾です。

今回ご紹介するのは「婚活」をテーマにした女の子2名グループの取り組みです。
下川での男女の出会いの少なさに手を打とうと、テーマを掲げた「婚活」このチームも、テーマ設定は最初からぶれずに、中身をしっかりと詰めていく着実型。地域へのヒヤリングにも早い段階にいくつも実施して、状況把握をできていたなと思います。

婚活については、数年前に役

もっとみる

下川商業高校課題研究 中間発表が行われました

10月1日、8月にスタートした課題研究の中間発表が行われました。初回に来ていただいたゲストに増して、13人の社会人が訪問、生徒の中間発表と相談会を通じて、高校生の企画アイディアに向き合いました。

グループは全部で16グループ。4つのグループにまずは分かれて、今の進捗状況を発表します。

16通りそれぞれのテーマがありますが、例えば、
・e-sportsで若者を下川に引き寄せたい
・ハロウィンパー

もっとみる

マラソン-過疎化地域再発展-②

①では研究概要と研究動機について説明しました。②ではマラソンと過疎化地域の関係・結びつき、具体案の大前提となる部分についてお話出来ればと思います。

-マラソンと過疎化地域-

「過疎化地域」というワードを近年よく耳にするようになりました。人口は減少し、高齢化も著しく進み日本では衰退していっている地域が増加し続けています。そのような事実がある中で、村おこしやシャッター街を改装したり町屋を貸し出した

もっとみる

マラソン-過疎化地域再発展-①

-概要-

はじめまして。
私は高校3年生男子です。
今、現在学校の授業で課題研究をしており、私自身は「マラソンによる過疎化地域再発展の可能性」というタイトルで研究を進めています。ここでは多くの人に自分の考えを見てもらい、研究のアドバイスやコメントを頂けたらと考えております。また、何回かに分けて投稿したいと考えております。

-研究動機-

なぜ私がこのテーマで研究をしようと思ったのかと言うと理

もっとみる

#3 理系女子キャンプ@KEKが2年前だと、、、

もう2年も経ってしまったのか。

KEKで毎年開催しているTYL理系女子キャンプ。

私は当時の担任に勧められて

応募した。

2年前、

高校二年生の12月応募することを決め

締切ギリギリに応募書類を揃え

3月に合格通知が来た。

タダでKEKに行けるなんて

しかも女子しかいないなんて

行かない理由が見当たらなかった。

そのころ高校は課題研究が本格的に

始まったばかりで

ちょうど

もっとみる