藤崎クラリネット教室

「〇〇賞取る!」「合格する!」「感動させる!」がNGな理由

さあいざ本番!あなたはどんな気持ちで臨みますか?

〇〇賞取る!合格する!あいつを見返す!うまいって思わせる!感動させるぞ!

この意気込み、残念ながらあまりよろしくないものなんです。なぜでしょうか?神聖な音楽には相応しくないから?欲深いから?違います。

ありがとうございます!
2

演奏の超基礎、音の出だしについて

今日は演奏の超基本、音の出だしについて。レッスンで出だしの練習だけ沢山練習した方も多いと思います。

音の印象は出だしで決まります。色々な木管楽器の音を録音して出だしだけカットし、伸びている音だけを比較すると、どの楽器とわからないほど同じになるのです。それくらい印象を左右するものです。

ではクリアな出だしにするにはどうやったら良いのか?大事なことはそんなに沢山ありません。これらを忠実にやるだけな

もっとみる
ありがとうございます!
5

人前での演奏を楽しみたいけど・・やっぱり無理!と思ってしまう時

演奏会や試験、コンクールやオーディションなど、人前で演奏する前に、よく「楽しんで演奏しよう」と言ったりしますが「そうは言ってみたけど、どう楽しんだらいいのかわからない」「緊張するから楽しむなんて無理」と思うこと、ありませんか?

演奏の楽しさは、楽しもうと思うから感じられるというよりは、勝手に湧いてくるものではないかなと思います。では勝手に楽しさが湧いてくるようになるには何をしたらいいのか?書いて

もっとみる
ありがとうございます!
1

「クラリネットの音の発生源」をより理解するために

クラリネットの音の発生源はリードです。リードを振動させ、その振動から生まれた音を楽器で増幅させた結果、あの音が出るわけです。

でも、音は楽器のベルから発生する、上管を塞ぐ音は上管から、下管を塞ぐ音は下管から出ると思い込んでいる人も結構いますよね。この思い込みは無駄な力みや不要なクセをつける元凶とも言えるんです。

ありがとうございます!
1

タンギングの超基本!タンギングの瞬間、直前直後にやるべきこと

今日はタンギングの超基本。タンギングの瞬間と直前直後にやるべきことです。強制力のある「…べき」はあまり使いたくない言葉ですが、あえて使うのは本当に大事だからです。

これができると雑音や音の立ち上がりや不安定さがほとんど解決され、アゴの余計な動きやアンブシュアの力みも減っていくのです。

しかしこれはかなり無意識の領域のことなので、出来ているか把握すること自体が難しいかもしれません。

タンギング

もっとみる
ありがとうございます!
6

音を決めるのはこの5つの要素

自分の気に入る良い音で吹きたいというのは万人の願いだと思います。じゃあ何が音を決めているのかな?どうすれば音が良くなるのかな?と考えてみました。

最終的に音を決めるのは全ての司令塔である脳ですが、具体的には何が決め手になるのでしょうか?

ありがとうございます!
5

私の緊張コントロール法

毎年発表会では最後に私も演奏するのですが、ここ数年は息が浅くなったり身体が固まるなどの困った緊張は全くありません。

かと言って緊張感ゼロではなく、自由に動けて集中力がある状態。振り返ると理想に近い状態で演奏できています。特に今年はうまくいったと思います。

しかし緊張とうまく付き合えず辛かった時期から考えると、こんな状態で演奏できるなんて夢のようです。

私の緊張歴史は大学2年の時に遡ります。そ

もっとみる
ありがとうございます!
2

褒め言葉をうまく受け取れないとき

演奏後にもらう褒め言葉、うまく受け取れてますか?

「褒められるほど上手くない」

「どうせ慰めか社交辞令でしょ」

「的が外れててピンと来ない」

「褒められても調子に乗っちゃいけない」

「色んなことを言われて混乱する」

日本には謙遜の文化があるので、素直に受け取れる方が難しいかもしれません。今日は普段から上手に受け取れないという方に提案です。

ありがとうございます!

こういうときは特に息のことを考えよう!

クラリネットを始め、管楽器は息で音の発生源を振動させていないと何も始まりません。どんなに指が滑らかに動いていても、舌の動きが速くても息がなければ全部帳消し、残念な結果になってしまうんです。

音を出している限り息は必要ですが、その中でも特に息のことを考えてほしいところを書いてみます。ここは他のことに気を取られ息が減りやすいところでもあります。ここで息が十分使えていると、1ランク2ランク上の演奏にな

もっとみる
ありがとうございます!
1

速いパッセージが仕上がらないのは、これができていないから

速いパッセージを完成させるために、細切れ練習、ゆっくり練習、リズム変え、ドレミ読み、数稽古など、色々なことをしていると思います。

これでできてしまえばOKですが、いつまでもテンポが上がらない、すっきり音がつながらない、引っかかる、リズムがズレたり粒が揃わない時は、本格的な練習の前にクリアしておきたいことがあります。

ありがとうございます!
1