管政権

「次の政権」が、きちんとした政治をしてくれるのであれば、最初に宣言して欲しいこと。

「次の政権」が、きちんとした政治をしてくれるのであれば、最初に宣言して欲しいこと。

 首相が退陣を決めて、次の総裁選が行われようとしている。  社会には、「人事」が好きな人が多いことは、また改めて考えたいのだけど、そう感じるのは、「政治」よりも「政局」の方が、マスメディアは、やっぱり生き生きと伝えているような気がするからで、どちらにしても、「首相」は変わる。  できたら、政党も変わらないと、本当に変化は難しいと思うのだけど、ずっと「支持政党なし」だけど、ほぼ必ず選挙に行って、投票してきた人間として、「次の政権」への要望を考えてみた。  こうした行為への

スキ
1
【第1回動画・藤井聡氏】  確実に変わり始めた「空気」 各国の大復活が明らかにした日本経済復活のシナリオ
+2

【第1回動画・藤井聡氏】 確実に変わり始めた「空気」 各国の大復活が明らかにした日本経済復活のシナリオ

【第1回動画・藤井聡氏】確実に変わり始めた「空気」 各国の大復活が明らかにした日本経済復活のシナリオ - YouTube (下記はメルマガよりの転載です)🐧💦 8月2日 << 希望が見えてきた。「コロナ後日本」を見通す無料企画 >> 先週木曜日に、菅首相が「30兆円規模の追加経済対策」(*1)を、政府・自民党に指示する方針であることが報じられました。 近づく衆院選に向けた「選挙アピール」と揶揄されてもいますが、困窮する膨大な国民に救いの手が差し伸べられることは、絶

スキ
14
霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

霞が関コンフィデンシャル<官界インサイドレポート>

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。 ★異例人事に前首相の影 昨年12月25日に発令された異例の人事が外務省内で波乱を呼んでいる。杉山晋輔駐米大使(昭和52年、外務省入省)が退任し、冨田浩司駐韓大使(56年)が就任するというものだ。 12月8日の各社報道も不可解極まりなかった。まだ閣議決定もされておらず、冨田次期大使のアグレマン(承認)も米国側に提出されていない段階での一報だった。 「バ

スキ
8
【気になる時事単語】仮定と想定

【気になる時事単語】仮定と想定

連日、コロナ対応に関する政府批判が続いている。 対応が正しいかどうかは、専門家ではない私には分からないが、少なくとも管政権が言葉のチョイスを間違えていることは、間違いないだろう。 その代表的な例が1月8日、管首相が「報道ステーション」(テレビ朝日系)に出演した時のことだ。 同局政治部・足立直紀氏の 「(緊急事態宣言を)1ヶ月やってみて、結果が今ひとつ出なかったら、対象拡大ですとか、延長した時にもうちょっと内容が厳しくなっていくとか、そういうこともあるんですか?」 とい

菅「敗戦処理内閣」が露わにしたディストピアとしての未来|片山杜秀

菅「敗戦処理内閣」が露わにしたディストピアとしての未来|片山杜秀

“危機”の演出で政権を維持してきて、本物の“危機”に躓いた「安倍=菅」。「GoTo」「ステーキ会食」を止める者が官邸にいなかったことの意味を読み解く。/文・片山杜秀(政治学者・慶應義塾大学教授) <summary> ▶︎安倍政権の「それまでのやり方」は“平時の非常時化”。しかしコロナ危機を前にそれが手詰まりになった ▶︎安倍政権と異なり、菅政権は「首相みずからが決定する」というトップダウンのあり方が、無理にでも“無謬性”を貫くことを強いて、柔軟な軌道修正を困難にしている ▶

スキ
29
【1-政治】トランプ後、分断を深める米国と安定という名の停滞を続ける日本|佐藤優

【1-政治】トランプ後、分断を深める米国と安定という名の停滞を続ける日本|佐藤優

文・佐藤優(作家・元外務省主任分析官) トランプ大統領はもはや過去の人 アメリカ大統領選挙はバイデン氏の勝利で終わりました。トランプ大統領は、票の集計に不正があったと法廷闘争に訴える構えですが、さすがにこれは通らないでしょう。いくら最高裁判所に保守派の判事が多いといっても、「数字」という事実がある以上、どうにもならない。このあとトランプ大統領にできることといえば、任期満了後も軍隊を動員するなどしてホワイトハウスに居座り、国を2つに割って徹底抗戦を続けることです。そうすれば

スキ
8
我が国はいずこへ行く?

我が国はいずこへ行く?

世界中がアメリカ大統領選の行方を固唾をのんで注視している一方で、我が国の国会答弁の中心は・・・。 例によって、似顔絵付きアナグラムで超カンタン解説(?) 唯一、自覚が疑問だ。 ⇒ がくじゆつかいぎもんだい ⇒ 学術会議問題 【解説】政権を引き継いで間もないけど、ハナっから躓いてない、新首相?

スキ
2
本屋の、本屋による、本屋であるための矜恃。

本屋の、本屋による、本屋であるための矜恃。

巨悪な組織に立ち向かう弱小の個人が最後には勝つ、という簡単な構図のドラマなんかと違って、これはとてもリアルで、でもリアルだからこそすぐに何かプラスの結果が出るとも限らない凄く根本的な意思表示だと思う。 自分はどう受け止めて、どう考えて、どう行動するのか?というのが問われるから一人一人の答があっていい。 少なくとも、こういう勇気ある行動というか自分の意志を表明する本屋さんがある、ということ。 そして、それをカッコイイと思って応援したいと思う人間もいるということ。 このコ

スキ
2
菊花賞的な(1)

菊花賞的な(1)

■【菊花賞】抽選突破はアリストテレス・ダノングロワール・ターキッシュパレス・ディアマンミノル (netkeiba.com - 10月22日 20:10) https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=261&from=diary&id=6278427 枠順発表されたから、直ちに起きました。 1枠1番 ディアマンミノル      2番 ガロアクリーク 2枠3番 コントレイル    4番 マンオブスピリット 3枠5番 サトノインプレッサ

スキ
1