社蓄の独り言

20181203 冬の風物詩である家事について

冬が来た、と思わずにはいられない家事がある。

それは、通勤着に電動毛玉クリーナーをかけること。
だいたい、週末・日曜日の夕方にそれをしている。

冬に着る洋服は、どうしても毛玉ができてしまう。
セレブが着るような高級ブランドアイテムは、そもそも洗うことを目的として作られていないなんていうが、こちとら庶民である。庶民の中でも、生活費の配分を衣類につぎ込まないため、ものによってはアクリル100%のニ

もっとみる