水道事業の民営化

水道料金の値上げ

数日前からネットで話題になっていますね。
なぜ今なんだ、というお気持ち、よくわかります。

コロナで自宅にいることも多く、出費が増え収入は減る中、ライフラインの値段上げてどうするんですか、しかも猛暑ですよ、というご不満なのかと思っております。

日本の過去の判例に、行政が不動産業者と水道の給水契約を拒否し、認められた事例がありますので、簡単にご紹介します。

新規にマンションが建設される際のお話で

もっとみる
ありがとうございます!
2

☆ありがとうございます!☆引き続き私が望む素晴らしい日本の有り様を引き寄せます!

最近 感染者数が落ち着いてきています
その 事実は 素直に嬉しいことです!

今回の この騒動がきっかけで

本当にいろんなことが 
日の元に明らかにされてくることになってきます

仮にまたごまかそうと画策されるようなことがあったとしてもごまかしは効かなくなってきます

真実を正しく報道しないマスコミ
本当に国民に明らかにしなければならないことをうやむやにする政策
この病災害に乗じて画策する組織

もっとみる

明るい考えを持ちましょう。真実か嘘か、色々な闇や、農業で政治家の利権、阿倍政権は食品や水資源を外資に任せようとしています、阿倍昭恵さんとシリウス星人、アセンション

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■バシャール

後のほうに闇の勢力やイルミナティ、ロスチャイルドについて書いてきました。考えると暗くなる、バシャールの言う重たいエネルギーですね。暗いことばかり考えていると、闇の勢力とリンクしやすくなるので、要注意です。自分が暗いことを考えていると気がついたら、太陽の光を浴びたりして、気持ちを切り換えを

もっとみる

日本経済の問題点の指摘

今日は日本経済の問題点の指摘。
日本経済新聞の過去の一面記事から読み取れる危険状態の日本を解説する。

記事の中の重要な部分を抜粋すると以下である。

まず1つ目は日本の基幹産業の身売り問題。
「海外マネーの流入が押し上げる財やサービスの価格。日本人には割高だが、外の目から見たらまだ割安だ。いまや「企業」も例外ではない。ある中国のファンドはこのほど、電子部品を手がける関東地方の中小企業を買収した。

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。記事をシェアして頂けると嬉しく思います。
9

オリジナル設計の2019年Q4決算を読み解く

今回はオリジナル設計の決算についてみていきます。

オリジナル設計は中堅の建設コンサルタント会社です。

とくに上下水道におけるコンサルタント業務を中心にしており、同業界における3~4番手企業になります。

同業としては、上場企業ではNJS(日本上下水道設計)などがあります。

上下水道は全国的に整備からの年数が経過し、耐用年数を超えた設備が増えています。

また耐震化もまだまだ進んでおらず、そも

もっとみる

水道事業民営化、及び水資源について

最近、ナショナルジオグラフィックを見る機会が多くてアメリカにおける水資源についていろいろ閲覧したのですが、それを見ると本当に日本は恵まれていると改めて実感します。

アメリカ合衆国のカリフォルニア州においては水資源が偏在していて北部に半分以上の水資源がありますが人口は南部のほうに過半数が集中しています。これは歴史的に重大な問題であり、カリフォルニアでは少しでも干ばつが起きると途端に水が足りなくなり

もっとみる

水道料金2万円の将来~水道法改正の議論について思うこと

先日水道法が改正され、水道における民間参画の方法がより多様化することとなった。予想通りセンセーショナルな見出しが多数ネット上には上がっている。例えば、「命の水を営利企業に売り渡すなんて許せない!」「外資の手先が日本に入ってきて食い荒らすに決まっている!」など。

筆者は過去コンサル会社でインフラ関係の分野に長期間関わっていたが、水道に限らず、古くは第3セクター、そしてPFIの導入、コンセッション方

もっとみる

水道事業、民営化へ いったい何が問題なのか

安倍晋三先生はお水が大好きです。
ただし、蛇口をひねれば出てくる真水ではなく怪しい宗教法人が販売していた「神の水」です。

実は、自分の祖父も晩年ガンに効くという怪しい水を友人から譲渡され、亡くなる前日に意識が朦朧とするなかで「あの水を(病院の)冷蔵庫からすべて取り出しておいて」と言ってようやくその水がただの水だったことに気付いたほど、水は人を惑わすのです。(祖父の生誕地である熊本県の水質は全国ト

もっとみる
ありがとうございます🎵
1

供給維持か供給破綻か、水道法改正案により民営化がもたらすもの

今現在、開かれている臨時国会は外国人労働者受け入れの拡大から始まり、様々注目すべき法案が審議なされている。その中で最も注視すべき法案は水道法改正案である。7月の通常国会で衆議院を通過、今月の22日から参院厚生労働委員会で審議入りした水道法改正案、水道インフラを民営企業の運営にしようという政府の動きである。

  まず念頭に置いて頂きたいのは水道事業に民間企業が参入するのは、世界潮流に逆行するという

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
20

「水道民営化」という誤解 -水道法改正-

1,はじめに

 昨日、水道法改正案が衆議院で可決、参院へ送付された。与党は今国会での成立を目指している。

水道法改正案が衆院通過 広域化で老朽化対策急ぐ:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32640940V00C18A7PP8000/

※2018年12月5日 追記
 参院厚生労働委員会は4日、市町村などが手掛ける水道事業を広域化する水道法

もっとみる