今、音楽を聴くのが楽しくなる話を聞いた。「リズムから考えるJ-POP史」imdkm著(blueprint)刊行イベント~J-POPのリズムを分析する~(京都編)

kenzee「昨日、(10月5日)こんなトークイベントを観に行ったのである」 「リズムから考えるJ-POP史」imdkm著(blueprint)刊行イベント~J-POPのリズムを分析する~ at出町座 ゲストimdkm、MC神野龍一(関西ソーカル主宰) https://demachiza.com/event/5022 ボクはこの本を早速、発売日に購入していたのでリアルタイムなイベントであった。木曜日に買って、土曜日のイベントだったので自分にとって重要、と思われる小室、中田

スキ
16

一週間に二度聖地巡礼イベント

これ以前に二回聖地巡礼ビジネスのイベントについての記事をあげました。 上記のイベントから一週間たたないうちに、こちらのイベントにも行ってきたんです。 「アニメ聖地巡礼 これからの観光地づくり~九州の知られざるポテンシャルに迫る~」というタイトルで3人の大学の先生が登壇しての講演でした。 前回イベントはゲームの話題が多かったけれど、今回はアニメに限定した話。クローズアップされていたのは冒頭の写真にあるように「夏目友人帳」です。 大学の先生らしく、生徒のフィールドワークか

スキ
18

『ティール組織』私はこう読んだ。 連載ファイナル大放談会!2018/9/21(金)

【5万部突破&連載完走記念】『ティール組織』の連載寄稿者、読者、書籍の解説者、編集者、関連書の著者まで大集合!! 今年1月の発売以来大きな反響をいただいている『ティール組織』。読者の方からは、共感の声だけでなく、しばしば「非現実的だ」「自分の会社では無理」といった声もお聞きしてきました。 この本をどう受け止めればよいのか、どう役立てられるのか。――それを探求するため、英治出版オンラインにて各界リーダーや研究者の方々によるリレー連載「『ティール組織』私はこう読んだ。」を4月

スキ
13

金丸弘美氏+上野千鶴子氏 【おいしいニッポンの未来を語る】 『田舎の力が未来をつくる』刊行記念トークショー

2018年3月3日 (土) 14時より八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリーにて 持続的で未来にひらかれた農業をおこなう若夫婦、“インバウンド”で成功する 「限界集落」の高齢者たち、業種を超えた有機的な連携で新しい文化を生み出す 都市農家たちなど、1000以上の地方を訪ね、住民主導で持続的な地域活性を プロデュースしてきた金丸弘美氏が、おいしいニッポンをつくる人びと、 かれらを輝かせる現場をレポートします。 難しい顔で「地方創生」や「地方の衰退」を語る人とは、まったくちが