教育契約

場は自分で創るもの オンラインとは

引き続きオンライン講義とは何かの話です。前回は、全てのUXがユーザー側に移行するのがオンラインであるという話をしました。
 今回は、全ての体験価値が受講側にあるとはどういうことなのかをお話ししたいと思います。ここを押さえておかないとオンライン講義もリモートワークもできないからです。

 映画館を各々の自宅に再現するのは無理だし無駄。全てのUXがユーザー側に移行すると言うことは、オフラインと同等であ

もっとみる

オンラインとオフラインの違い

オンラインとオフラインの違いとはの続きです。 前回は教育効果とオンライン講義の組み立ての基本の話をしました。時間軸における同期・非同期と、場所における指定と自由で整理をしました。それぞれを自己都合・他者都合としたのは今回の話とつながりがあるが故です。

 今回は、講義の話の前に皆様になじみ深い仕事の話から入って講義の話につなげた方がいいかと思いましたので仕事関連の例から。

疫病禍は可視化

 今

もっとみる

オンラインはオフラインの代替ではないのです。

この春からオンラインイベントと言われているのを多数受講しました。そしてこの間に復活した企業研修の講師も担当しました。そしてオンライン化した学校教育の報告も多数受けました。その結論として言えることは・・・

オンラインはオフラインの代替としか思ってない
残念な人々

 がいるということです。このたびの疫病禍で問題が新たになったのは教育設計ができず教育契約を結べない残念な人々があらわになったという事な

もっとみる

まさかPCで講義録とってないよね。

前回パワポは時代遅れという話を書いたら、「では何をつかうのか?」という質問が。それは、LHCのように黒板なのです。これには深い理由=ちゃんと学習効果として記憶に定着するからなのです。理論の説明は横に置いておき有名どころの教育を観てもらった方が手っ取り早いかと思います。
世界で有名なカーンアカデミーも日本で有名なスタディサプリもホワイトボードですらなく、チョークで板書なのです。

 カーンアカデミー

もっとみる