折尾

北九州市の若手経営者(折尾二三会)と九州共立大、九州女子大が「子どもの就業体験」イベントを初開催!地元で働く魅力、伝わったかな?

地域の子どもが楽しく仕事体験をする催し「おりちょこランド」(北九州市八幡西区)が地元の若手経営者の組織「折尾二三会」(おりおふみかい)と九州共立大学、九州女子大学による共催で10月22日、初開催されました。

子どもたちが体験した仕事はラジオ局のインタビュー、カメラマン、歯科医、銀行、整体師、葬儀から、すし屋、カレー屋などの飲食店まで様々。イベントの開始前には長蛇の列ができ、開始時刻の10時直後に

もっとみる
ありがとうございます!(^^)/
1

ボクシング試合怪我で中止に。。。

おはようございます!

福岡博多のダイエットトレーナー、理学療法士の井無田峻です。

6.23に予定していた北九州折尾でのボクシングの試合ですが、私が練習中に骨折をしてしまい、試合が中止になりました。

応援してくれた皆様申し訳ありません。

今は複雑な気持ちですが、必ずカムバックしたいと思います。ボクシングからは少し離れますが、トレーナーとしてダイエット情報や健康などのブログ記事の更新は引き続き

もっとみる

6.23プロボクシング試合 経過記録

こんにちは!

福岡のプロボクサー、パーソナルトレーナーの井無田峻です。

6.23に北九州折尾の九州共立大学でプロボクシングの試合があります。

今回の試合でプロ9戦目になります。

今回は対戦相手のキャンセルがありまだ対戦相手が決まってないという異例の事態が起こっています。

相手が決まってないので減量にもなかなか気持ちが入らなかったのですが、そろそろ始めないとまずいので今日から本格的に始めま

もっとみる

百物語54話目「屋根裏の大蛇」(実話怪談)

前回、青大将にまつわる話を書いた。

今回も蛇の話だ。

蛇は家の守り神とされているところが多いと思う。(福岡周辺だけ?)

私が蛇の話を久留米でしたとき、そこの人が面白い話をしてくれた。

「うちも蛇を祀ってあるよ。朝と晩に生卵を供えるの」

一瞬、単にお供えをしているかと思うじゃん?

違うのよ。

お供えするのは、家の一番大きな梁のところで、そこには小さな穴が開いてるの。

そこから生きてい

もっとみる
ありあり~!
4

百物語53話目「青大将の呪い」(実話怪談)

てのひら怪談で初めて掲載された私の作品は「角打ちでのこと」。これはふたつの実話怪談が元になっている創作だ。

「角打ちでのこと」は幸いにも福澤徹三選になりまして、以下に収録されています。

今回はそのうちのひとつ。

Aさんは家を新築するというので、古い屋敷を取り壊した。

すると床下から、ゴミ袋いっぱいになるくらいの、大きな青大将が出てくる。

そう、ゴミ袋に詰めたのだ。

そして、それを山に捨

もっとみる
うれしー!
7