失われた絶版本を求めて

書いてみる

新着の記事一覧

第12回 イメージが一変する! 加藤典洋による村上春樹の謎とき|三宅香帆

第11回 『山月記』は日本の高校生をどうしたいのか? 石原千秋の国語教科書論|三宅香帆

第10回 「大量に読み、大量に書く」恩田陸の書評が持つ魅力|三宅香帆

第9回 四方田犬彦が師について綴った小説のような「評伝」|三宅香帆

第8回 大塚英志がよみがえらせた江藤淳の現在性|三宅香帆

第7回 賞味期限の切れない、若島正の文学講義|三宅香帆

第6回 藤本由香里が切り拓いた少女漫画評論の可能性|三宅香帆

第5回 小説家のエッセイは読み継がれないと困る 桜庭一樹が滲ませるもの|三宅香帆

第4回 あなたは福田和也のように面白くない小説を面白くないと言えますか?|三宅香帆

第3回 今こそ斎藤美奈子の80年代「バブル論」を|三宅香帆