地割

#160 手まり「42面分割の補助線の入れ方」

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 #42面分割

今回は以前解説した42面分割に補助線を入れて、より応用範囲を広くした物を解説します。

42面分割の補助線の入れ方

もっとみる
スキ!ありがとうございます。

#152 手まり「星の籠編み」の作り方

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 #42面分割 #籠編み

星の籠編み

籠編みにはいくつかの種類があります。
星形に糸をかけるので、私は星の籠編みと名付けました。
帯を太くして、これだけで模様にすることも出来ます。

「星の籠編み」の作り方

もっとみる
スキ!ありがとうございます。

#150 手まり「矢車菊」「切り子」の作り方

#手まり #手まりの作り方 #矢車菊 #地割 #42面分割

「矢車菊」と「切り子」

矢車菊と切り子の違いは、分割線を1色で作るか2色で作るかの違いになります。
1色で作ると矢車菊になり、2色で作ると切り子になります。

42面分割を作り、地割のラインを太らせて作ります。

たまに五角形と六角形がはっきりせず、崩れた感じの物を見かけますが、形が崩れた物は美しくないです。
崩れないように、ピンで押

もっとみる
スキ!ありがとうございます。
1

#149 手まり「五角形と六角形の42面分割」の作り方

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 #42面分割

10等分の組み合わせ地割(じわり)に補助分割線を入れて、五角形と六角形の42面分割を作ります。

32面分割と比べて、五角形と六角形の大きさが近い事、六角形が正六角形になりやすいので、母は42面分割のほうを好んで使っていました。

「五角形と六角形の42面分割」の作り方

もっとみる
スキ!ありがとうございます。

#139 手まり「矢車菊」の作り方

#手まりの作り方 #矢車菊 #地割 #32面分割

複雑な分割はそれだけで美しい

地割(じわり)を元にしたデザインを今までも紹介してきました。

今回は32面分割をそのまま模様にします。

「矢車菊」の作り方

もっとみる
スキ!ありがとうございます。

#138 手まり「五角形と六角形の32面分割」の作り方

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 #32面分割

五角形と六角形の32面分割

10等分の組み合わせ地割(じわり)に補助分割線を入れて、五角形と六角形の32面分割を作ります。

地割の性質として、五角形が小さくなります。そして六角形は正六角形になりにくいです。

母は、正多面体にならないという理由でこの地割を好まず、後ほど紹介する42面体のほうを好みました。

手まりの模様とし

もっとみる
スキ!ありがとうございます。
1

#114 手まり「五角形と三角形の32面籠編み」の作り方

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 #32面分割 #籠編み

五角形と三角形の32面籠編み

今回は、五角形と三角形の32面籠編みの解説をします。
籠編みも手まりのデザインとしては、いくつかの種類があります。
既に解説済みのものとしては、籠目模様があります。

籠目模様は籠の枠だけを、編みましたが、今回は手まりの表面全体を編むように仕上げます。
この籠編みだけでも1つの作品にする

もっとみる
スキ!ありがとうございます。
1

#112 手まり「五角形と三角形の32面分割」の作り方

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 #32面分割

五角形と三角形の32面分割

10等分の組み合わせ地割に補助線を入れて、五角形12個と三角形20個を作る分割になります。

手まりではよく使う方法ですが、地割として使う場面は少ないです。
多くの場合は、ラインを少し太くし、帯のように使用します。
そして、ラインをくぐらせて籠のように編むことが多いです。

最初から籠編みをするのは

もっとみる
スキ!ありがとうございます。

#84 手まり「10等分の組み合わせ、補助分割」の作り方

#手まりの作り方 #10等分の組み合わせ地割 #地割 

10等分の組み合わせ地割の補助分割

10等分の組み合わせ地割には、多くの補助分割があります。
非常に細かく割ってある作品を見たとき、
その中に五角形を見つけたら、
それは10等分の組み合わせ地割を割ったものになります。

もし五角形を見つけることが出来なかったら
8等分の組み合わせ地割を割ったものになります。

写真などから手まりのコピー

もっとみる
スキ!ありがとうございます。
2