劉少奇

劉少奇追悼大会での鄧小平による弔辞(1980年5月17日)から 最後にオマケ付き

【中国語&日本語字幕付き】

※ 最後のオマケ部分では劉少奇の声がちょっとだけ聞けます。


(スクリプト)
【1980年5月17日】(劉少奇追悼大会)
邓小平:今天,我们怀着无比沉痛的心情,悼念伟大的马克思主义者和无产阶级革命家刘少奇同志。刘少奇同志为共产主义事业战斗了一生。他是受到全党和全国各族人民爱戴的、久经考验的、卓越的党和国家领导人。文化大革命时期,林彪、江青一伙出于阴谋篡党夺权的反革命
もっとみる

非常感謝! ありがとうございます。

鄧力群「劉少奇の司法に関する考え方」

 鄧力群《我為少奇同志説些話》當代中國出版社2016年より。本書の前言によれば本書は1998年に劉少奇同志生誕100周年を記念して、当代中国出版社から出版されたものの再版。再版にあたり、中央文献研究室の審査決定を受けたとある(写真は等々力渓谷)。
   鄧力群(1915-2015)は劉少奇(1898-1969)の秘書を務めた人物。それだけに劉少奇についての発言は、注目されてよい。なお「1962年6

もっとみる
ありがとうございます
2

30年を経て『河殤』を振り返る(1)

前回

現代の中華人民共和国における『河殤』の取り扱い、即ち中国共産党の『河殤』に対する評価は、以下状況を見れば明らかであろう。

百度百科:記事なし
百度視頻:映像なし
土豆網 : 同上

完全に存在を消されている。

ところが、YOUTUBEには土豆網のロゴ付きの6回全編分が掲載されている。
ある時点までは掲載されていたが、後に「何らかの指導」があり削除されたのであろう。このような現象を見るだ

もっとみる
スキありがとうございました。
3

劉少奇 宋亮同志への手紙 1941/07/13

《答宋亮同志》載《劉少奇選集上卷》人民出版社1981年pp.218-222 這封信原載中共中央華中侷的内部刊部《真理》第二期。宋亮即孫冶方,當時在中共中央華中侷黨校工作。

p.218  手紙を受け取りました。あなたの意見は正しい。
 中国(共産)党内には最初の一時期、陳独秀時代からそれ以後、党員の一部の中に、党員が理論について深く研究することに反対する意見があります。(党)学校の中においてさえ、

もっとみる
ありがとうございます
4

劉少奇 労働組合工作の問題 1926/12

劉少奇《工會工作中的兩個問題》載《劉少奇選集上卷》人民出版社1981年pp.6-9 (写真は肥後細川庭園 2020年5月31日)

p.6   労働組合(工会)は大衆(群衆)ための(また)奮闘のための機関である。十分集中するべきであり、(集中することで)奮闘できるし、同時にまた必ず民主的集中すべきであって、そうであって大多数の人の意見を受け入れること(容納)ができ、少数の人だけが責任を負って独裁に

もっとみる
ありがとうございます

北戴河会議から四清五反へ 1962/07-63

黃崢《風雨歷程 晚年的劉少奇》人民文學出版社2018p.149-152をまとめた。(写真は1962年10月1日天安門上の朱徳、劉少奇、毛沢東、周恩来) 

 1962年7月25日から8月24日。北戴河と呼ばれる避暑地で中共中央工作会議が開かれた(中共中央が繰り返し長期間の会議を開いているのはよくわからない。激しい言葉が飛びかう反面、党幹部が避暑地で優雅に過ごしているようにも見える。)。これに参加し

もっとみる
ありがとうございます
1

7000人大会 1962/01/11~1962/02/07

 これは1962年1月11日から2月7日まで北京人民大会堂で行われた拡大中央工作会議のこと。その後、中南海西楼会議室で2月21日から23日まで中央政治局常務会義が開かれた。後者は「西楼会議」と呼ばれる。この7000人大会から西楼会議への展開は人によってニュアンスが異なる。ここでは比較的近刊の黃崢《風雨歷程 晚年的劉少奇》人民文學出版社2018年pp.135-143を用いてまとめた。よく見られる、毛

もっとみる
ありがとうございます
3

高崗,饒漱石事件 1953-54

   高崗(ガオ・ガン 1905-1954)と饒漱石(ラオ・シュース 1903-1975)の事件(1953-54)は謎が多い(写真は成城大学成城池)。中国共産党の歴史のなかで現在まで平反(名誉回復)がかなわないのはなぜか。事件は、一般には二人は反党同盟を結び、毛沢東、劉少奇、周恩来らに対抗しようとした、それが追及されたとされている。見直されないのは、彼らを追い落としたものとして、鄧小平や陳雲の

もっとみる
ありがとうございます
1

北島/曹一凡/維一編《暴風雨的記憶》2012

  正式のタイトルは北島/曹一凡/維一編「暴風雨的記憶 1965-1970年的北京四中」生活・読書・報知三聯書店2012年。北京四中卒業生の回顧録(なお写真は名古屋駅前ビル 2019年11月17日夕刻)。ただ名前を連ねる人たちは皆社会的に活躍している著名人が多い。北京四中というのが、北京のエリートの集まるところだったことが分かる。しかしその四中も文化大革命の惨劇は、避けることはできなかった。掲載さ

もっとみる
ありがとうございます
2

胡耀邦 冤罪を正す 1977-80

 黄峥《刘少奇冤案始末》九州出版社 2012年   
 陳利明《從紅小鬼到總書記  胡耀邦》 人民日報出版社  2015年
   《胡耀邦》 北京聯合出版公司  2015年
   罗平汉《墙上春秋 大字报的兴衰》中共党史出版社 2015年

  胡耀邦は1977年12月10日、中央組織部長を拝命する。中央党校副校長のポストはそのまま兼務である(写真は成城大学1号館中庭)。さらに1年後には、中央党校

もっとみる
ありがとうございます