光村圭一郎

カンファレンス Day1紹介「ライフデザインのトランスフォーメーション」

カンファレンス Day1紹介「ライフデザインのトランスフォーメーション」

みなさん、こんにちは。SUNDREDパートナーの光村です。 SUNDREDが年に2回開催している大型カンファレンス『Industry-Up Days: Spring 2021』の開催が近づいています。今回は2月17日から19日の3日間にわたって、各日充実のキーノートトークから、新産業プロジェクトの最新動向まで、盛りだくさんの内容でお届けする予定です。 私は初日の司会を務めるほか、Day2、Day3の新産業プロジェクトセッションにも登壇予定です。結構フル回転ですね(笑)

スキ
12
セルフデベロップメント産業クエストチームインタビューvol.2「なりたい自分になれる社会を創る」

セルフデベロップメント産業クエストチームインタビューvol.2「なりたい自分になれる社会を創る」

SUNDREDで現在進行中の新産業共創プロジェクトの一つ、「セルフデベロップメント産業」。前回は何を目指すのか、何を実現するのかという点を中心に聞いてきましたが、今回はこのプロジェクトのここまでの歩みと、関わる4人の“想い”に焦点を当てて伺います。 産業創出の具体的なプロセス - これまでさまざまな議論をされてきたということですが、産業創出の具体的なプロセスについて改めて教えてください。 柏木:SUNDREDでは、新産業共創のための6つのステップを用意しています。1つ目の

スキ
18
セルフデベロップメント産業クエストチームインタビューvol.1「人生100年時代に必要な社会寿命」

セルフデベロップメント産業クエストチームインタビューvol.1「人生100年時代に必要な社会寿命」

SUNDREDで現在進行中の新産業共創プロジェクトの一つ、「セルフデベロップメント産業」。チームを率いる三石原士、柏木誠、藤川佳則、吉田直樹の4名が、SUNDREDパートナーの光村圭一郎を聞き手に、セルフデベロップメント産業やプロジェクトの進捗について語り合いました。 「働く」「学ぶ」が決定的に変わる−本日はよろしくお願いします。さっそくですが、まずはセルフデベロップメント産業とはなんぞや、というところから説明していただけますか? セルフデベロップメント産業とは? 三石:

スキ
17
産官学のインタープレナーと語る「越境人」の共創で加速する新産業創造のあり方(後編)

産官学のインタープレナーと語る「越境人」の共創で加速する新産業創造のあり方(後編)

新産業共創に取り組むSUNDREDでは「インタープレナー」という人物像に注目しています。 前編の記事では、インタープレナーの人物像と役割についてトークが繰り広げられましたが、後編はインタープレナーになるためのキーワードである「越境」について掘り下げます。 (この記事は、2020年12月22日に開催したトークイベントを編集したものです) ゲスト 光村 圭一郎(三井不動産 BASE Q運営責任者 / SUNDRED パートナー) 田中 聡(立教大学経営学部助教) 山田 崇(

スキ
27
産官学のインタープレナーと語る「越境人」の共創で加速する新産業創造のあり方(前編)

産官学のインタープレナーと語る「越境人」の共創で加速する新産業創造のあり方(前編)

新産業共創に取り組むSUNDREDでは「インタープレナー」という人物像に注目しています。 インタープレナーとはどんな人なのか。新産業共創において、どのような役割を果たすのか。産・官・学、それぞれの領域で「越境」に取り組むインタープレナーによる対話から、探っていきたいと思います。 (この記事は、2020年12月22日に開催したトークイベントを編集したものです) ゲスト 光村 圭一郎(三井不動産 BASE Q運営責任者 / SUNDRED パートナー) 田中 聡(立教大学経営

スキ
33
【登壇情報】日経イノベーション・ミートアップにSUNDRED代表・留目真伸が登壇

【登壇情報】日経イノベーション・ミートアップにSUNDRED代表・留目真伸が登壇

SUNDRED 代表取締役・パートナーの留目真伸、SUNDRED株式会社 パートナー|三井不動産 BASE Q 運営責任者の光村 圭一郎 が日経イノベーション・ミートアップにて登壇いたします。 概要・元レノボ・ジャパン代表で、大企業のトップからエンジェル投資家、ベンチャー社長まで経験した留目真伸による生き方の提案。 ・終身雇用神話が崩壊した今、どのように自分のキャリアを描けばいいかがわかる。 ・ひとつの会社に留まらず活躍する方法や事例がわかる。 ・会社の枠を超えて社会起点で

スキ
13
Industry-Up Days: Spring 2021、新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から

Industry-Up Days: Spring 2021、新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から

SUNDRED / 新産業共創スタジオでは2月17日〜19日にカンファレンスを開催します。 Industry-Up Days: Spring 2021【テーマ】新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から 100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDREDでは、2019年7月の「新産業共創スタジオ」のローンチ以降、社会起点の目的共創からはじまる「新産業共創プロセス」をベースに新産業の共創に取り組んでいます。現在12個の多様な領

スキ
24
内向きな大企業をオープンイノベーションのバブルから救うには?

内向きな大企業をオープンイノベーションのバブルから救うには?

今回は、JAPAN OPEN INNOVATION FES 2019で開催されたスペシャルコンテンツを記事としてお届け! 三井不動産株式会社ベンチャー共創事業部統括の光村さんとフィラメントCEO 角がオープンイノベーションについて対談しました。 大企業の新規事業担当者は、オープンイノベーションを本当に理解できているのか?そもそもオープンイノベーションとは何なのか?今回の対談は本質的でとても重要な問いを立てるところから始まります。 大企業に蔓延する、「失敗したくない、内向きであ

スキ
19
目標は「100の新産業」をつくること! 元レノボ・ジャパン社長 SUNDRED CEO 留目真伸氏と緊急座談会

目標は「100の新産業」をつくること! 元レノボ・ジャパン社長 SUNDRED CEO 留目真伸氏と緊急座談会

近年、数多くの大企業がイノベーションに取り組んでいます。 社会や技術の急激かつ不可逆的な変化により、既存のビジネスモデルの寿命が尽きつつあることが背景にあり、日本では特に、大企業がスタートアップと連携してイノベーションに取り組む動きが顕著です。「オープンイノベーション」と称されるそれらの活動は、しかし、これまでのところ有効な成果を挙げているようには見えないのが実情です。  このような現状に対し、一石を投じようとするプロジェクトが新たに発足しました。レノボ・ジャパンの代表取締役

スキ
15