角勝

12/6🎄QUMZINEアドベントカレンダー2021

本日12月6日の担当は、フィラメントCEO角さん! キャリアの悩みの根源に気づいた話について書かれています。さまざまな年代の方のお悩みを聞いて気付いた1つの共通点とは・・・? 記事は以下よりお読みください。 🎄明日の担当者は・・・?明日の担当者は、アースメディア代表|LinkedInクリエイター 松本 淳さんです! 松本さんには以前QUMZINEインタビューにもご登場いただいています。以下よりお読みください。 \アドベントカレンダーへの飛び入り参加、受付中です!/

スキ
5

NTT Comはどのように両利きの経営を実践してイノベーションを起こすのか 〜組織、人、戦略に見るこれからのイノベーション〜

2021年10月20日(水)〜22日(金)、「NTT Communications Digital Forum 2021」がオンライン開催されました。特別講演“日本企業が「知の探索」をし続けるためのKSF~NTT Comの「両利きの経営」への挑戦とこれから~”に、稲葉 秀司 氏(NTTコミュニケーションズ株式会社 *以下NTT Com 執行役員 イノベーションセンター長)とともに、フィラメント顧問でもある入山 章栄 氏(早稲田大学大学院経営管理研究科 教授)、株式会社フィラメ

スキ
13

21/09/06(月)24:30「新規事業で“不”を解消!プレゼンSP」巨大企業の日本改革3.0「生きづらいです」大きな会社たちとテレ東と

【旅・街歩きエリア】 虎ノ門ヒルズインキュベーションセンター「ARCH」 日本が誇る大企業同士が手を組んで様々な社会課題を解決する「新規事業」を発足!そのプロセスから大企業の悩みまでの全てをリアルに描く「経済リアリティSHOW」が登場! 今回の見どころクリークアンドリバー×商工組合中央金庫…遠隔でつかる「力触覚」技術で、淡路島がにぎわう? 交通機関で支払いをしなくなる?MaaS技術って何? 荏原製作所の社長登場 出演者加藤浩次 伊藤隆行(テレビ東京) 渡瀬ひろみ(A

スキ
2

21/07/12(月)24:30巨大企業の日本改革3.0「生きづらいです」大きな会社たちとテレ東と

【旅・街歩きエリア】 ARCH 今回の見どころ 新規事業の社長プレゼンに急遽同行!マネタイズ問題&プロはグローバルに展開が必要な意味とは!? オープンイノベーションに必要な「面白がり力」 ネット時代の炎上原因 出演者加藤浩次、伊藤隆行(テレビ東京) 井川幸広(クリーク・アンド・リバー社長) 角勝(フィラメントCEO、元大阪市役所職員) 番組ホームページ・SNSほか【公式Twitter】 @ikiduraidesu21 『テレ東電鉄』とは? テレビ東京と東日本旅客

QUM ACADEMY、はじめました!

QUM ACADEMYとはなにか?2021年4月23日にフィラメント6周年のオンラインイベントを開催しました。ご参加ありがとうございました。 本オンラインイベントは「QUM ACADEMY 面白がり力×大人の学び」と題しまして、私たちがこの6年間の経験で皆様からのご支援によって得たもの、とくにこの一年を通してその大切さを再確認した「面白がり力」からの学びについてお伝えしました。 イベントタイトルに「QUM ACADEMY 」とありますが、これについてご説明します。 まずQ

スキ
32

カンファレンス Day1紹介「ライフデザインのトランスフォーメーション」

みなさん、こんにちは。SUNDREDパートナーの光村です。 SUNDREDが年に2回開催している大型カンファレンス『Industry-Up Days: Spring 2021』の開催が近づいています。今回は2月17日から19日の3日間にわたって、各日充実のキーノートトークから、新産業プロジェクトの最新動向まで、盛りだくさんの内容でお届けする予定です。 私は初日の司会を務めるほか、Day2、Day3の新産業プロジェクトセッションにも登壇予定です。結構フル回転ですね(笑)

スキ
12

Industry-Up Days: Spring 2021、新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から

SUNDRED / 新産業共創スタジオでは2月17日〜19日にカンファレンスを開催します。 Industry-Up Days: Spring 2021【テーマ】新産業が日本を変える、目的の共創は組織を超えた「社会人」同士の対話から 100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDREDでは、2019年7月の「新産業共創スタジオ」のローンチ以降、社会起点の目的共創からはじまる「新産業共創プロセス」をベースに新産業の共創に取り組んでいます。現在12個の多様な領

スキ
24

内向きな大企業をオープンイノベーションのバブルから救うには?

今回は、JAPAN OPEN INNOVATION FES 2019で開催されたスペシャルコンテンツを記事としてお届け! 三井不動産株式会社ベンチャー共創事業部統括の光村さんとフィラメントCEO 角がオープンイノベーションについて対談しました。 大企業の新規事業担当者は、オープンイノベーションを本当に理解できているのか?そもそもオープンイノベーションとは何なのか?今回の対談は本質的でとても重要な問いを立てるところから始まります。 大企業に蔓延する、「失敗したくない、内向きであ

スキ
19

QUMZINEシールを持っているのは誰・・・?

【 #フィラメント週間リポート 】 ■CNET Japan連載『コロナ禍で生き残るための「テレコラボ」戦略』日本のビジネス界にて多大な影響力を持つ CNET Japan にて、弊社CEO 角による連載第10回が公開されました! 今回のコロナ禍において組織内で重要度を増す「自律的・能動的人材」について、そしてオープンイノベーションの機会の広がりについてお話しております。 ■QUMZINEシール登場!VAIO のCINO(Chief Innovation Officer)を務

スキ
5

“プレゼンの神” 澤円さんが貫く「ギブファースト」な生き方

前編では、マイクロソフト「伝説のマネージャ-」である澤さんから、「自分の在り方」を考え、行動を起こすことの大切さを、そして、自分の価値が認められる「複業」について伺いました。「特別な人」に見えがちな澤さんですが、20代の頃は「愚かで遅いプログラマー」だったそうです。 そんな澤さんが、年間300回前後のプレゼンテーションを行い、多くの人の生き方、働き方を変える「与える人」になれたのは、なぜでしょうか? 後編は「デジタル時代の自分の生かし方」を中心に、引き続き、財前さんを交え、角

スキ
19