働くと暮らすをもっとオモシロく

一ヶ月島根県に住んでみての住心地を書いてみる

早いもので雲南市の滞在も一ヶ月が過ぎました。

低い雲が山に重なる風景、あちこちであがる野焼きの煙、
すれちがうたびに挨拶をしてくれるまちの人。
そんな日常にもだいぶ馴染んできたところ。

一旦東京に戻り、引越しの準備や東京側の仕事など
一ヶ半月ほど滞在した後にまた帰る形になります。
次は本格的に移住するタイミングですね。

今回一区切りということで島根県(雲南市)に一ヶ月お試し移住?してみての感

もっとみる

好きな場所で好きな仕事をしたい!新卒2年目、地元で実家ワークしてみた。

就活中、本当は家族や気心しれた友達のいる地元に戻りたいけど、やっぱり就職は東京かな。。。

地方出身者であれば、同じようなことを考えたことがある方いらっしゃると思います。地元にいながら、やりたい仕事ができたらいいですよね。私は3年前の就活で、最終的に東京での就職を決断しました。実は先日、今でも常々考えている「地元でやりたい仕事をする」を疑似体験をしたのでそのレポートをまとめてみました。

念願の実

もっとみる

東京生まれ東京育ちの僕が島根県でコワーキングスペースをつくることになった

こんにちは。はじめまして。
株式会社ヒトカラメディアの大塚裕樹(ゆうき)です。
初めてのnoteです。緊張しますね。

都内にいるときは企業さんのオフィスづくりに携わっていたのですが
縁あって島根県は雲南市という所でコワーキングスペースを作ることになりました。

・どうして島根県でコワーキングスペースを作ることになったのか
・地域の何に魅力を感じているか

このあたりをとりとめもなくもなく書いてい

もっとみる

事業部メンバーに伝えたい。ロジカルシンキング、デザイン思考からアート思考へ。そして混迷の時代に今必要な、4つ目の思考とは。

1)MECEであること - ロジカルシンキング

 「これでは前提に抜け漏れがあって、因果関係が説明できていないじゃないか!やり直し」クライアントや上司に怒られたことはありませんか?僕は今でもよくあります。。。
 そんなときに、ロジカルシンキング、意識してやってみましょう。
ロジカルシンキングは、目的(ゴール)がはっきりしているとき、結論や解決策を帰納的に導き出すことに役に立つ思考法です。
抜け漏

もっとみる