佐藤純

本の棚 #142 『天気痛』

本の棚 #142 『天気痛』

台風のやつめ…また来やがったな。 ここ2日間頭痛に悩まされている。 おそらく、台風のせいだと勝手思っている。 というのもいつもニュースで 「台風〇号が発生しました」と聞くと 徐々に頭が重くなるからだ。 直撃しているときよりも 沖縄とかあたりの少し遠いところにあるとき 症状が現れるように感じる。 右目の奥がズキンズキンと痛み出し そのまま放置すると吐くこともある。 基本的には寝たら治るけれども… 関節痛、片頭痛、古傷が痛むなど 結構な数がいるんではない

スキ
3
【低気圧や季節の変わり目に体調が悪くなる天気痛の対処法】

内耳が敏感だと、気圧の変化が刺激として
脳に伝わり、ストレス反応として交感神経が過敏になる

また、運動不足だと血行を阻害して内耳がむくむ原因になる

『意識的に自律神経を整えることがポイント』

(佐藤純)

【低気圧や季節の変わり目に体調が悪くなる天気痛の対処法】 内耳が敏感だと、気圧の変化が刺激として 脳に伝わり、ストレス反応として交感神経が過敏になる また、運動不足だと血行を阻害して内耳がむくむ原因になる 『意識的に自律神経を整えることがポイント』 (佐藤純)

気象病を知っていますか? めまい、腰痛……その症状「天気痛」です。

気象病を知っていますか? めまい、腰痛……その症状「天気痛」です。

愛知医科大学病院・痛みセンターの佐藤純客員教授は、天気痛の研究を始めて23年になる。愛知医大に日本初の「気象病外来・天気痛外来」を開設し、『天気痛』(光文社新書)などの著書ももつ、この分野の第一人者だ。/佐藤 純(愛知医科大学客員教授) 怠けているわけではない 雨が降ったり、台風や低気圧が近づいてくると、古傷が痛む、頭痛やリウマチがひどくなる、という話は古くからありました。でも、原因がよく分からず、諦めていた人も多いのではないでしょうか。 「気象病」という医学用語もありま

スキ
11
子どもの居場所の危機管理

子どもの居場所の危機管理

昨日12月9日は、かつしか子ども食堂・居場所づくりネットワークの主催による『けが、アレルギー、感染症、子どもの居場所の危機管理』という学習会に参加しました。 これは4回連続の学習会になっていて、安心安全な居場所づくりを目指してのものです。ちなみに第1回は「アレルギー対応。しかも安くておいしい料理のレシピ、教えます!」第2回は「子ども食堂も子どもたちも地域ネットワークに支えられます。」昨夜は第3回。次回最終回は、「いま、なぜ『子ども食堂』?」です。こちらは日程が合わず参加できま

スキ
3