佐藤勇

「名工の肖像」

令和元年( 2019年 )は、色々な出来事があった年でした。

大きな出来事としては、2019年4月にコスモテックの現場が箔押しの匠 佐藤勇から現場リーダー 前田瑠璃に引き継がれたということ。 11月には匠 佐藤勇が天国へと旅立ってしまったということ。

そして、来たる12月。

僕が楽しみにしていた書籍 『 印刷・紙づくりを支えてきた 34人の名工の肖像 』( 著者 雪朱里さん、写真 池田晶紀さ

もっとみる

「阿吽の呼吸」

コスモテックでは、僕が入社した2005年よりずっと前から一貫して、職人が一枚一枚の素材(紙)を手作業で機械に通して箔押ししております( 手差しの手動箔押し機「アップダウン」を用いて )

便利な自動の箔押し機が導入されてからも、「アップダウン」は変わらず活躍し続けています。

紙の寸法や印刷物自体が大きい場合は、素材を機械にセットして箔押しする人、その隣で箔押しされた素材を機械から引っ張り出す人の

もっとみる

一般病棟に移りました

6月28日に救急搬送されました

6月28日に #心不全#心筋梗塞#救急搬送 されてから4日目の7月1日に #ICU から #一般病棟 に移ることができました。

周囲の人にはそんなに病状が重くないのではと思われたか、わざわざお調べになってご面会 に来られた方もいたようです。搬送後に処置されていたのがICUだったので親族以外は #面会謝絶 となっており、 #面会 はできないと断られた方

もっとみる
大吉💖スキでいつづけられる投稿にする励みになります👍
2

「現場リーダー 前田瑠璃」

僕がコスモテックに入社してかれこれ16年の月日が流れようとしております。時代は、平成から令和へと移り変わったところです。

コスモテックのここ数年間で、僕が一番嬉しかった出来事があります。

2019年4月、平成の終わりを間近に控えた春に、コスモテックの現場をまとめる役割が、箔押しの匠 佐藤勇から、前田瑠璃に引き継がれました。

それは新元号 令和に変わる、ちょうど一ヶ月前の出来事でした。

前田

もっとみる

「2010年の『BEFORE_AFTER 展』」

8年程前の話。

僕が今でも忘れられない展示会が、大阪の平和紙業株式会社による企画展、「Think PAPER『BEFORE_AFTER 展』」です。 グラフィックデザイナー 増永明子さんがデザインをし、コスモテックは箔押しで全面協力をさせて頂いた展示会です( 会期は2010年11月8日(月)~17日(木) )

約20種類の紙を使い、コスモテックで箔押し加工をしたB1サイズのポスター24点を

もっとみる

「やるのか、やらないのか」

『何事も挑戦するべし』という考えは、僕が箔押しの匠 佐藤勇から学んだ大きなことの一つ。紙に箔を押すことも挑戦と調整の繰り返しです。

「図案が複雑過ぎて、箔押しの仕上がり予測がつかないもの」「経験のない素材(紙)に箔押しする時」など、ドキドキする以上に「失敗したらどうしよう」という恐怖心が未だにあります。例えそれが校正(テスト)だとしても、やはり怖いのです。お客様に喜んで欲しい気持ちが大きければ大

もっとみる

「日本一をめざすこと」

僕がコスモテックに入社したての時、さかのぼること15年ほど前ですが、箔押しの匠 佐藤勇と会社帰りにお酒を呑む機会があり、僕も匠もほろ酔い気分で過ごしていた時の一言が今でも忘れられません。

箔押しの匠 佐藤は決まって呑みの席ではウイスキー。大好物!

「青木、日本一をめざせよ。」
僕はその時酔っていたし、話の前後ははっきり覚えておりませんが、その強烈な一言が今も胸に突き刺さってます。

入社当時は

もっとみる

「ある何気ない一日」

15年近くコスモテックで働かせて頂き、何度も思い出す「ある何気ない一日」の出来事に気がつきました。

もう何年前のことだか正確には覚えておりませんが、季節は秋から冬へと移り変わる頃のことでした。その時期、年末を控えて現場仕事が本当に忙しく、箔押しの匠 佐藤が連日会社に泊まり込むことがありました。ある日、自分の仕事を終えた僕は、何故か匠と一緒に会社に泊まることを選んだことがありました。

箔押しが、

もっとみる

「コスモテックのロゴとMilacle Deluxe」

シンプルで力強く、汎用性の高い、コスモテックのロゴを製作してくれたのは Milacle Deluxe の馬場宏介さん、岩原由佳さんのお二人(2010年)

馬場さんとはじめてお会いしたのは彼がまだ大学生の時。
かれこれ11年前までさかのぼります。

彼が学生の頃(2007年)、卒業制作の箔押しでコスモテックに依頼して下さったことは、今でも嬉しく思っています。なぜならば、コスモテックのブログも当時は

もっとみる

「粉砕。そして新たな生きがい。」

さかのぼること約8年前。
今までブログなどでは一切語らなかった事実があります。(今回の記事には生々しい表現があります。苦手な方はこの記事は読み飛ばしてください。)

僕がコスモテックに入社して一番つらかった出来事。それは、まぎれもなく『箔押しの匠 佐藤勇の片手の指が、箔押し機で粉砕された日』のことです。

この出来事は、僕が死ぬまで忘れられないし、忘れてはならないことです。
当時使用していた古い箔

もっとみる