改修前の京都競馬場にいってきました

菊花賞前日の10月24日に、京都競馬場に行ってきました。

もう1か月以上前ですね。すいません。

抽選に当選し、見事指定席券をゲット。京阪電車に乗って京都競馬場へ向かうのでした。

当たり前ですが人がほとんどいません。こんな競馬場は初めてでした。

ラウンジシートだったので、席からは本馬場は見えません。外へ出て指定席専用の屋外席へ。いつもとは違った景色でとても見やすかったです。

この円形パドッ

もっとみる

初めての体験、競馬編。

人生で初めての体験を二度した。

一つは競馬だ。

競馬自体に興味はなかったけれど、競馬場に行ってみたくて、義母と息子を誘っていった。

夫は幼少の時に、父親に散々連れられていた思い出があり、「まったく行く気がしない」とのこと。

京都競馬場、菊花賞の日であった。

競馬場の横に広場があり、たくさんの遊具があるので、びっくりするくらいの親子連れで賑わっていた。

息子も大喜びで駆け回っている。

もっとみる
嬉しー!!!
3

昨日の京都10レースは「栞(しおり)ステークス」その由来は・・・

昨日、京都競馬場の入口で入場券と一緒にもらった「栞(しおり)」
京都競馬場のパドックとスタンドがデザインされたオシャレなものです。
なぜ「しおり」なのかと思った方、昨日の京都10レースのレース名は「栞ステークス」
JRA公式によると「京都競馬場が100周年記念事業の一環として整備工事に入ることから、お客様との再会の目印となることをイメージして名付けられた」とのことだそうです。
再会の時まで大事に持

もっとみる
我が家の招き猫も喜んでいます!
14

アーモンドアイ、あるいは京都競馬場の思ひで

〝都構想〝否決と天皇賞から、一夜明けました。

今朝はコンビニで神戸新聞と日刊スポーツを買い、熟読。神戸新聞って割とマトモな印象あったが、大阪市廃止投票には未練たらたら。「自民や共産は反対に躍起だった」とか。

躍起って(笑)

関西メディアは概ね維新のケツを舐める。橋下に恫喝されて以降。
それはあたかもスポーツ紙が(我が)タイガースのケツを舐めるが如くである。一部を除き、決して批判しない。
※こ

もっとみる

2020/11/1 予想分(天皇賞・秋、福島民友C、栞S、秋嶺S、河口湖特別)

天皇賞・秋(東京・G1・芝2000m)
◎クロノジェネシス
○キセキ
▲アーモンドアイ
△フィエールマン
△ダノンプレミアム
△ダノンキングリー
 1番人気は▲アーモンドアイ…名馬であることは間違いないのですが、牝馬の5歳は旬を過ぎる頃でもありますから、その背景がありながら単勝1倍台というのは過剰評価の可能性もあります。
 それよりは今が旬であろう◎クロノジェネシスを本命にしたいと思います。
 ▲

もっとみる
気に入っていただき、光栄です。今後ともよろしくお願いします。
2