五十音物語

りかいしあうのに
りゆうなんて
りっぱなものは いらない

ありがとうございます。
7

「ん」

「ん」

しりとりだと嫌われ者の「ん」

しかし「ん」がないと終われない。

どんなことでも終わりは大事だ。
マラソンもゴールが42.195㎞だから走れる。
富士山も頂上が見えるから目指せる。
人生も終わりがあるから楽しめる。のかも・・・

そして「終わり」があれば「始まり」がある。

どちらも大切に生きていきたい。

「ん」

この物語は君と一緒に終わりを告げよう(´∀`)

________

もっとみる

「を」

「を」

がない世界を想像してみよう。

「ご飯 食べる」

「サッカー する」

「宇宙 想像する」

「プリンス 愛してる」(笑)

…「を」が

ほしいーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

今日は「を」について考えた。

「を」は

お弁当でいうと漬物
駅伝でいうと襷
カラダだと椎間板

そう。
なくてはならない存在だと思う。

世の中は役割分担で回っている。
病院も病人がいないと回

もっとみる

「わ」

「笑い」

お笑いが大好きだ。

人を笑顔にする仕事でベスト1位だと思う。
生まれ変わったら、ぼくのなりたい職業でもある。

お笑いは「笑かしたい側」と「笑いたい側」がいるから成り立つ。
どちらかだけが「楽しい・嬉しい」では何事も長く繁栄されないのかも・・・
上手くいくコト、モノは常に相互関係だ(*´▽`*)

そして
人間は笑っている人、笑顔の人が好感が持てるらしい。
笑顔のときは「無防

もっとみる

「ろ」

「肋骨」

10数年前、会社の仲間とゴーカートレースに参加した。
ぼくはみんなの期待に応え「見事にクラッシュ」(笑)

クラッシュの衝撃と共にぼくの肋骨が折れた・・・

息をするのも辛い。
笑うのもできない。
仰向けで寝れない。
重いものが持てない。などなど。

しかし、物は考えようだ。
出来ないことが増えているということは
出来ないことが出来ていることでもある(*´∀`*)

起きたことは戻らな

もっとみる

「れ」

「レンガ」

今日は北海道です。

え〜〜

2℃です(((o(*゚▽゚*)o)))

…………しあわせだなぁ(´▽`*)

はい。さてさて今日は「レンガをどう積むか」の話。

一つ一つ上に積み上げるのか。
まずが横に並べてから積み上げるのか。

どちらも正解だ。
しかし土台を作ってから上に積み上げたほうが倒れにくい。

土台にもいろんな種類があるが
人間なら「人間性」になるのかもしれない。

もっとみる

「る」

「ルール」

があるから面白い!

何事もそうだと思う。
サッカーも野球もプロレスも。
ポーカーも人狼も麻雀も何でもありだとつまらない。

ルールがある中でどうしたら勝てるのか、最善なのか考えるから楽しいと思う。
ではなんでルールが出来たのだろう・・・
いろいろな事柄にいろいろな理由があるがその中の一つが「文化」にするためであると聞いたことがある。

例えばスポーツ。
スポーツの原点は「狩り」だそ

もっとみる

「り」

「リーダー」

どうもリーチマイケルです(´▽`*)

ラクビーがとても盛り上がっている。
特にキャプテンのリーチ選手がボールを持つと「リーチコール」が起きるのがとても感動する。

「人間性」「キャプテンシー」「戦う姿勢」が仲間を鼓舞し観客まで伝えてしまっている思った。
チームには必ずリーダーが「いる」というか「なる」存在がいる。

元サッカー日本代表岡田武史監督が代表チームによくする話に感銘を受

もっとみる

「ら」

「Live」

音楽もお芝居もスポーツも絵画も運動会もやはり生で見るのが一番だ。

ジャパニーズロックのレジェンド「甲本ヒロト」様が
「Liveはその場にいるだけで完成されている」と言っていた記憶がある。
同じ空気感で過ごすことが一番大事なのかもしれない。

それは仕事も一緒だ。

同じ悩みや喜びを共有するからこそ共感できる。
以前、仏(ほとけ)の父ヒロシから言われた言葉がある。
「もし、さと君

もっとみる

「よ」

「夜明け前」

が一番暗い。

暗さは一番 明るさを引き立て
明るさは一番 暗さを引き立てる。

人生にも夜明け前のときがくる。
その時にどんな生き方をしているかで
日の目を浴びたときに見えるものが変わってくるのかも。

そして暗さは明るさには勝てない。
どんな暗闇の中でもマッチの火の光が勝ってしまう。

落ち込んだときは明るい人に逢おう(´ω`*)
お笑いを見よう(´ω`*)
太陽を浴びよう

もっとみる