大統領選を前にリスクを確認する

米大統領選の結果がどうであれ、米国の経済成長率はあまり変わらないとみています。郵便投票などで混乱があっても短期的とみています。バイデン氏が大統領となると企業増税が行なわれ株式市場に悪いとの見方は残っていますが、経済が悪いままで増税だけが進むことはなく、経済支援策が大きくなることが注目されそうです。選挙後の郵便投票の開票の遅れはあり得ますが、来年1月の就任までに結論は出るとみています。政策の遅れはも

もっとみる

冷戦時代をかすかに覚えている私が「新冷戦」というワードから【エイリアンVS.プレデター】を連想してしまう理由

経済学者の岩井克人さんが、

「米中対立は二つのディストピアの対立、アメリカも中国も諸国の憧れにはなれないところが昔と違う」

という意味のことを新聞で述べていました。

なるほど。面白い!

私も世代的には、少年時代に冷戦時代を知っていますが、

今の若い人には信じられないかもしれませんが、たしかに小学生の世界でもマセた子は、「こんなに競争競争でつらいなら、社会主義のほうがいいのかな、と迷っちゃ

もっとみる
¡Gracias de nuevo!
2