夜霧の香港 轟く自由の怒(ど) (舶匝)

(季語は「夜霧」 写真は、香港の旧最高法院大楼にあるテミス像。テミスは、正義の女神。)

もしかすると、トランプ大統領は、香港の事を交渉のカードに使っているのかも。

米中間の交渉を決裂させる口実には、香港の事は使える。

もっとみる
飛んできた 七夕の鞠 キャッチだ
21

ARグラスでも米中戦争か?!

ARグラスの両翼とされる米;MagicLeap社(ML)が中;nReal社(NR)に対して起こしていた訴訟事案について最新情報が出てきました。
NRは先だっての5月に中国3大キャリアとのパートナーシップを締結、10/17には中国聯通と販売協定を提携(400店舗での販売)をリリースしたばかり。
実質的にMLの中国市場販売を切り札にしての訴訟事案となりそうですが、MLにはAlibabaも出資していると

もっとみる

NY観劇レポート"Soft Power" @Public Theater

ニューヨークで気になる舞台は見るようにしていたのですが、今まで記録してきませんでした。昨日見た舞台「Soft Power ソフト・パワー」はとても面白くて、考えることがたくさんあったので記録しておこうと思います。

基本情報

この"Musical-within-a-play"(劇中ミュージカル)はもともとロサンゼルスから始まり、ニューヨークのダウンタウン、Astor Placeにあるオフブロード

もっとみる
Thank you ♪
2

米中貿易協議の部分合意(1910)について

先週末に米中貿易対立に係る閣僚級協議が行われ、部分合意が為されました。本件合意は米中両国が手の付けやすい部分に終始した印象がありますが、自分が属するICT業界(通信キャリア)への示唆といった観点からはキャリア/端末メーカー間の価格交渉力のバランス変化をもたらしうるファクターがあるのではないかと思っています。

【今回の合意について】
<サマリ>
・米中両国は貿易交渉の[第1Phase]につき、部分

もっとみる

【ぶんぶくちゃいな】 「カネか自由か」、凄まれたNBAは自由を選んだ

まさか、こんなことになるとは。1週間前には誰もとんと予想もしていなかった事態が起きた。たぶん、ご本人も、そして中国政府自体も。

きっかけは今月5日、一つのツイートだった。「FIGHT FOR FREEDOM / STAND WITH HONG KONG」(自由のために闘う 香港とともに)なんてツイートは、ずっと香港事情を追ってきたわたしからしたらもう見慣れ過ぎていて、あっという間にタイムラインの

もっとみる
I know you like it!
9

中国でNBAはもう観れないかもしれない。中国人がこんなに怒ってる理由

(※今回はけっこう個人的な考えも入ってますので、もし読んで気を悪くする方がいらっしゃったらごめんなさい)

僕はバスケットが大好きです。よく中国友達たちとバスケしてるし、NBAもかなり見てます!NBAを観にアメリカに何度も行きました。

そして今、僕にとってすごく悲しいことが中国で起こってます(ノД`)シクシク

昨日Weiboで盛り上がったTweetがありました。

↑香港人が彼女の台湾人を殺し

もっとみる
ありがとうございます、よろしければシェアもお願いします
14

日韓米中北の思惑

最近いろいろ問題がありますが、日韓米中北の思惑をまとめました。

韓国
韓国大統領ムン・ジェインの最大の目標は『南北統一』
南北統一すれば日本を越えられる。
その上でこれからは中国と仲良くして、日本とアメリカからの脱却を考えている。
だが北朝鮮の金正恩からは「もう韓国とは国交しない」と言われている。
そしてこの方向性に反対意見を持つ国民も多数いる。
更に経済が思ったほど伸びていないことや、側近のス

もっとみる