不正送金

「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」は、大蔵省を骨抜きにし崩壊させる李家の日本乗っ取り計画。主犯格は李家「横田早紀江」⁉︎
+30

「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」は、大蔵省を骨抜きにし崩壊させる李家の日本乗っ取り計画。主犯格は李家「横田早紀江」⁉︎

俗に「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」と言われる1998年に発覚した「大蔵省接待汚職事件」とは、一体どんな事件だったんでしょうか? 「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」とは? 「第一勧業銀行(現・みずほ銀行)」と「1人の株主」の関係から読み解いていきたいと思います。 株主総会で絶対的な主導権を握っていた総会屋の「小池隆一」に総額460億円の金銭を渡していた「第一勧業銀行」 小池隆一は、この460億円を元に、野村、日興、山一、大和の4大証券の株を買い占めて大株主となりました。そして、大

スキ
3
~ネットバンキングにおける不正送金"ゼロ"を目指して~
次世代認証ソリューション!!(マルチファクター&2経路認証)

~ネットバンキングにおける不正送金"ゼロ"を目指して~ 次世代認証ソリューション!!(マルチファクター&2経路認証)

2016年1月時点の内容です 今回ご紹介する製品は、ネットバンキングをより安全に利用してもらうためにKeypasco 社が開発したOTP(One Time Password)などに代わる次世代認証ソリューションです。さらに、IoT(Internet of Things)、マイナンバー、フィンテックの認証への応用も可能です。 インターネットバンキングにおける課題 インターネットやモバイル端末などの普及に伴い、インターネットを使った銀行、ショッピングサイト、動画配信サイト、ゲ

証券口座 4 入金元銀行口座と出金先銀行口座の同一性

証券口座 4 入金元銀行口座と出金先銀行口座の同一性

顧客が自己の証券口座に入金するということは、例えば、顧客がA銀行に依頼して、顧客のA銀行口座から証券会社のB銀行口座に資金を移動させるということです。 これに対し、顧客が自己の証券口座の資金を出金するということは、例えば、顧客の指示を受けた証券会社がB銀行に依頼して、証券会社のB銀行口座から顧客のA銀行口座に資金を移動させるということです。 マネーロンダリングのポイントは、資金移動を繰り返して、犯行現場から一歩でも遠く離れたところに資金を移動することです。 そうすると、

スキ
1
ゆうちょ銀行 不正出金 不正送金 セキュリティホール 脆弱性 銀行 金融機関 日本 20200923

ゆうちょ銀行 不正出金 不正送金 セキュリティホール 脆弱性 銀行 金融機関 日本 20200923

 ゆうちょ銀行では、複数の決済サービスで不正出金が発生しています。 http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2009/15/news091.html ゆうちょ銀行で決済サービスを使った不正出金 「ドコモ口座」を含む6サービスで確認される 高市総務大臣が明らかに - ITmedia Mobile ゆうちょ銀行が即時口座振替(銀行口座連携)を提供している12の決済サービスのうち、ドコモ口座を含む6サービスで不正出金が確認され、うちドコモ

証券口座 3 異名義入金

証券口座 3 異名義入金

証券会社は、銀行と異なり、同一名義人間、異名義人間を問わず、もともと資金の振替業務を行いません。 バーチャル口座は、証券会社の銀行口座に振替送金された資金がどの顧客からのものかを確認するための仕組みです。 したがって、証券会社は、バーチャル口座を割り当てた顧客「以外」の者から振替送金された資金について、当該バーチャル口座への着金を認めることはできません。 証券口座では、システム上、異名義人からの振替入金をブロックし、同一名義人からの振替入金のみを着金させるための仕組みが

ドコモ口座問題の違和感!

ドコモ口座問題の違和感!

日に日に問題が大きくなってきている「ドコモ口座問題」ですが、ドコモが謝罪をしたら済む話ではないと思います。銀行との連携の問題と思いきや、最近ではさまざまな決済サービスまで拡大しております。 QR決済やスマホ決済など様々な決済サービスに溢れていますが、そのサービスもシェアも奪い合いの中、機能アップとして銀行連携を実装していました。特にキャリアのサービスなどでは銀行連携もスムーズででき、利用者からすれば便利ツールになっていたと思います。しかし、ここにきてPayPay、メルカリや

スキ
3
不正送金が止まらない

不正送金が止まらない

愛が止まらないと言えば、粋なセリフだが、不正出金が止まらないというのは頂け無い。これを契機に日本と世界の金融は崩壊し、マネーなき新世界へと移行するんかいな?それは早とちりが過ぎる。世界は急には変われない。3歩進んで2歩下がる式に徐々に変わって、気づいたら、あれ金融ってもういらなくねとなっている。だから時代の変化について行ける、柔軟な脳みそが必要だ。お金が無くても全く困らない世界、それはキャッシュレス社会じゃなくて、お金という存在自体が、必要で無くなる。金の亡者たちが、慌てふた

仮想通貨ripple(XRP)を盗られた話。

仮想通貨ripple(XRP)を盗られた話。

昨今Bitcoinをはじめとしてだいぶホットな話題になっている仮想通貨ネタです。 少し前の出来事なんですが、タイトルの通り 自分が保有していた仮想通貨の1つであるripple(XRP)を盗まれた話。 仮想通貨を持っている人はまだまだ世間的には少なく、やっと世間への認知が日本でも高まり始めたくらいと肌感で感じています。 仮想通貨は消費者を保護する体制があまり整っておらず、今回のように盗まれても補償もなにもないので、やる方は自己責任で。というのがお約束。 (補償制度のある取

スキ
18