ロペスオブラドール

共同声明ほぼ全訳 トランプ大統領、対メキシコ関税発動見送り

共同声明ほぼ全訳 トランプ大統領、対メキシコ関税発動見送り

トランプ米大統領は現地時間6月7日夜、10日から発動するとしていた、メキシコへの関税を適用しない方針をツイッターで明らかにした。 メキシコを経由して米国に流入する不法移民への対策が不十分だとして、トランプ大統領は週明けの6月10日から、メキシコから米国に輸入されるすべての商品に対して5%の関税を課し、段階的に25%まで引き上げるとしていた。 米国務省が発表した、米国とメキシコ両国の共同声明は以下のとおり。必要に応じて、改行は増やすなどの編集を加えた。 米国―メキシコ共同

スキ
3
有料
100
メキシコ側から、トランプ大統領の「壁」はどう見えるのか ―対米関係をしたたかにコントロールするメキシコ新政権

メキシコ側から、トランプ大統領の「壁」はどう見えるのか ―対米関係をしたたかにコントロールするメキシコ新政権

アメリカとメキシコ間の国境問題は、アメリカのトランプ大統領が国家非常事態を宣言するに至った。この宣言については、アメリカ上院が3月14日、宣言を無効とする決議案を可決したが、トランプ大統領が直後に拒否権を行使する考えを表明した。 「非常事態」という言葉からは、極めて深刻な事態が進行していそうにも思えるが、壁の向こう側にあるメキシコからは、アメリカ政界の動きはどう見えるのだろうか。 就任から3カ月半が経過したメキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の新政権

スキ
3
有料
100