メタバースを作ろう

NFTとメタバースを利用しよう!

今我々VRCの様なWIRED的サービスの原住民の文化を破壊し利用しようとする人間が次々にVR空間に流れ込んできている、こいつらは基本的に嘘と真実を織り交ぜて話す嘘つきだ。これはウィルスの様に少数で有れば無視していても問題ない。だが数が増えると嘘の言葉にも説得力が生まれてしまう。 まずはNFTがどんなものか NFTはブロックチェーンと呼ばれるデータベースの様なもの上で所有者と所有物を結びつけ、それを譲渡、保持する仕組みの一つ。他の真偽を証明するものではなく現状、単純に差別化

メタバース・エタバース・デカバース・ポリバース 〜メタバースの次に来るもの〜

まだ誰も言い出していないので、バズワードが溢れる業界の予言としてネタ話を書いとく。 (English edition) メタバースの次はエタバース、さらに拡張してデカバース、最終的にはポリバースと呼ばれることになりそう。 高校の化学の授業で習った有機物の命名法を久々に思い出した。ポリマーは重合体。 コンセプトとしては、今流行り始めてるメタバースは各々独立した世界なので、それらが多数乱立している状態あたりが「エタバース」(メタバース2.0ではなく)。 その後、ワールドワイ

スキ
2

イケハヤさんの「稼いだ軌跡」を見て、僕でもできることを考えてみた結果…。

ということで、今回は、完全にアフィリエイトを貼っていますが、ボクはこれを買い、そして、読んだ。 そして、思ったこと。 「じゃ、自分でもできることは何か?」 内容的には、今、NFTを日本の文化にまで押し上げようとしている イケハヤさんの泥臭く稼いだ軌跡が赤裸々に公表されている。 これを見て、泥臭いと思ったのと同時に、自分のことに置き換えて、自分ができることは何か?を考えた結果・・・ マネタイズポイントの整理。有料note        900円 SUZURIグッズ販売

スキ
3

ちょっとだけ覗いてみたよ。

クラスターで、少し覗いてみました。 まー、不思議な世界でした。なんでしょう?これ、スマホアプリでこのレベルなので、VR chat とかの世界になると、どんなことが待ち受けているのだろうと思わず、ワクワクしてきました。 メタバース 完全初心者への徹底解説: 2021年 仮想世界を巡る百花繚乱時代 https://www.amazon.co.jp/dp/B09KZRWCJ9/ref=cm_sw_r_cp_tai_ZAG7QJYKGS5J9EH6ZWRN このKindle

スキ
2

フェイスブック、社名を「メタ」に 変更!

インターネット交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)最高経営責任者(CEO)は28日、同社の社名を「メタ(Meta)」に変更すると発表した。SNSの枠を超えた未来を表す名前だとしている。 ザッカーバーグさん、仮想現実空間「メタバース」にいよいよ本腰を入れてきたか?と思いました♪

スキ
4

Now in REALITY Tech #17 アバターの肌色追加

今週の「Now in REALITY Tech」は、最近追加されたアバターの肌色追加についてUnityチームからお送りします。 肌色が10色から30色へこれまで10色だった肌色が30色へ増えました!是非個性を表現するのに使ってもらえればと思います。 肌色の仕組みのこれまでとこれからこの度肌色が追加されたことで内部的な仕組みが変わったのでその紹介をします。 これまでREALITYにおけるアバターの肌色は、下記の画像のような明るいところから暗いところまでのグラデーションマッ

スキ
12

メタバース、人類は次の社会を意図的に作る実験手段を手に入れた

消費社会を超えて、本当に幸せな人間らしい次の社会を作ろう。 メタバースという現実社会とは別のヴァーチャルな社会を作る事業にFacebookが本格的に参入することで、メタバースが注目を浴びています。 メタバースは、今の社会と関係なくゼロから自由に世界を設計できるところが人の創造性を解放させます。 それは、仮想空間上で、これまでできなかった社会をリアルタイムでシミュレーションできる手段を人類が得たとも言えます。 次の来るべき社会を科学的にシミュレーション実験できることによ

スキ
2

GASを使わずにBigQueryの集計結果をSlackへ定期投稿する方法

最近ポケモンユナイトでマスターランクになったプロダクトマネージャーのむくどりんです。わーい! プロダクトマネージャーは様々なKPIを追いますよね。クエリを書いて個々に出したり、重要な指標はDashboardをつくったりもすると思います。 ・毎回クエリを書きたくない! ・Slackでbotのように毎朝教えてほしい! ・でもGASとかプログラミングはいやじゃ! そんなあなたにおすすめな方法を紹介します。 僕は前職がメーカーの企画だったので、クエリを書き出したのもここ2年ほど…大

スキ
16

Now in REALITY Tech #14 Android KSP導入を試みた話

こんにちは、Androidエンジニアのtakashiです。最近オフィスにいるお花の親子の花弁が少なくなっていました。 今回のNow in REALITY Techでは、最近Stable版がリリースされたKSP (Kotlin Symbol Processing)というAndroidのライブラリの導入を検討した話を紹介します。 KSPとは…Kotlin Symbol Processing (KSP) is an API that you can use to develop

スキ
4

XRメタバースのプロトタイプを設計して、子供たちをバーチャル世界旅行に連れて行った話

REALITY株式会社の研究開発を担当する GREE VRStudio Laboratory リサーチインターンの山崎です。研究技術の社会実装に強い関心があり、前回のエントリでは、メタバース時代の触覚UXを六本木のミュージックバーで実証実験した学生の話。にて、オンラインライブの出演者が観客の存在をオンラインでも実感できる双方向化技術の実証実験について記しています。 本エントリでは森ビル株式会社が開催した KIDS' WORKSHOP 2021 でのワークショップ開発プロジェ

スキ
13