Now in REALITY Tech #12 iOSで一番長いコードの話
見出し画像

Now in REALITY Tech #12 iOSで一番長いコードの話

REALITYのiOSアプリで一番行数が多いコードは、、、
こちら↓の視聴画面のViewControllerで、1141行でした!!!

画像1

REALITYはSwiftで書かれたネイティブアプリをベースに、C#で実装されたUnityのライブラリとして埋め込んで利用しています。
今回は、Swiftのコードのみを対象にし、自動生成されたファイルを除いて、ファイルの行数を計測しました。

視聴画面のViewControllerについて

この視聴画面はREALITYのリリース時から存在し、これまで幾多の機能が追加されてきました。
その結果、現在最も行数の多いファイルとなりました。
1つの画面の中に様々なUIが存在し、一目で数多くの機能を持つ画面であることが分かります。

機能が増え続ける中、iOSチームではテストを実装することで、安全かつ高速に沢山の機能の実装を可能にしています。

視聴画面のViewControllerとViewModelは、XCTAssertNoLeakを利用させて頂き、メモリリークが発生しないか常に確認しています。
また、ViewControllerなので判断が難しいのですが、XcodeのUnitTestのコードカバレッジは54%と評価されています。

まとめ

iOSで1番長いコードの話でした。

視聴画面に限らず、REALITYは常に機能が増え続けています!
一緒にREALITYを作ってくれる仲間を大絶賛募集中です!!!

→ REALITYエンジニアカジュアル面談お申し込みフォームはこちら!


あ!流れ星だ!3回この記事についてツイートすると夢がかなうかも?!
REALITY株式会社は"なりたい自分で、生きていく。"をビジョンに掲げ、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の運営やバーチャルライブ制作などのライブエンターテインメント事業を展開しています。 https://reality.inc/