ポンド

+1

R3/12/1 振り返り

12月1日  11時頃から張ってました。いつもの苦行の時間です。 H1の75MAにレジされてる。昨日は確かM15の200MAにレジされて落ちている(すみれさんの発見です)ので、更に行くかもと思いました。 当初はM5の黒丸の所でEを考えていました。 WT右肩でと考えてましたが、そのままツレなく行ってしまいました。 「待ち合わせ場所、間違えてない?!」と言いたいところでしたが、ポコさんが手を繋げたということは、、、間違えたのは私でした。M1を見てませんでした。 また、この時

スキ
1

2021/12/2 オミクロンと米利上げ前倒し…

Ken:前日のNY株安でも日経が堅調で28000台回復、時間外の米10年金利が1.48%台、原油が2%超高となり、資源国通貨円の買いが優勢。7-9月期豪GDPが予想を上回ったことも豪円にはポジティブ材料、11月中国財新製造業PMIは50割れで予想を下回るもののインパクトは限定的、豪円は81.35lvl、カナダ円89.10lvlまで上昇、連れてドル円も113.55lvlの高値ヒット。ユーロはユーロ円買いとドル買いに挟まれ1.1320-40でいつもアジアの膠着感満載。 欧米時間

スキ
1

2021/12/1 リスク回避の動き続くのか?

Ken:月末フローに絡んだドル買いが先行、ドル円は一時113.89lvlまで上昇。ただ日経がテクニカルレジスタンス手前で失速、ハンセン指数が終始マイナス圏で、ドル円・クロス円共上値を抑えられる展開。 11月中国製造業PMIは50を回復し予想も上回るものの影響は限定的。 午後に入ると、モデルナCEOの既存ワクチンのオミクロンへの効果は低下する可能性が高いとのコメントで、リスクオフモードが全開、日経は27800割れ、ダウ先物34500割れ、原油67.55lvl、米10年金利1.4

2021/11/30 デイトレ集中!

Ken:週明けの米10年金利が上昇、ダウ先物・日経も買い戻しが優勢になったことで、ドル円は一時113.88lvlまで。原油も72.00lvlまで買い戻され資源国通貨円も堅調、豪円81.35lvl、カナダ円89.43lvlの高値をヒット。 その後はハンセン指数がマイナスで推移、日本政府は外国人の入国禁止を全世界に拡大するとの報道で、前日比プラス圏まで上昇した日経が28200近辺まで下落し、ドル円も113.00割れに上値を切り下げた。ユーロは全般的なドル売りとユーロ円売りに挟ま

スキ
1
+2

FX自動売買ツール11/22〜26

お世話になっております! fxトレーダーのRenです😊 2021/11/22〜26の実績報告となります。 その前にこちらをご覧ください💁‍♂️ 今週はFOMCがあり、相場のトレンドに変化が起こる可能性がありました。 また、金曜日は急下落が起き、損切りになったトレーダーも多いのではないかと思います。 FX自動売買ツールの詳細をご覧いただきたい方はこちら↓ http://qren-blog.hatenablog.com/entry/EA それでは実績報告となります! 損

2021/11/29 オミクロン株の影響

Ken:南アフリカで新たに発見された変異株への警戒感から、リスクオフの円買いが優勢に、ドル円は115.30lvlでオープン後一気に114円ミドルまで下落、原油が2.5%超、時間外米10年金利は1.56%台に低下、日経は800円超・ダウ先物も400ドル超の下落と総崩れ。ランド円-2%程、カナダ円は約-1円、豪円81.80lvlの安値とクロス円も弱々。10月豪小売売上高は予想を上回る結果でしたが、本日のマーケットではノーインパクト。ユーロドルはどちらかといえばリスク回避で円に次い

2021/11/26 米国ブラックフライデー!

Ken:ドル円は高値付近でスタート、実需のドル売りが散見され東京仲値にかけて115.30lvlまで緩む場面もありましたが、底堅い日経・ダウ先物を横目に下げ止まり。原油が堅調地合いで資源国通貨が底堅く推移し豪円・カナダ円は買いが優勢に。欧米時間、堅調な欧州株を材料にユーロクロスの買い戻しにユーロは1.1230lvlまで上昇、同じタイミングでドル円は115.25lvlまで緩む場面がありましたが、米感謝祭で動意が少ない中の出来事であくまで調整の動き。ECB理事会議事要旨は金融政策は

スキ
1

一カ月間今までに買ったサイケアルバムを振り返る⑰ Beard, Wives, Denim/Pond

今回は2012年の作品から、オーストラリアのサイケバンド、ポンドの4枚目のアルバムとなった「Beard, Wives, Denim」。 ポンドは結成自体は2008年。オーストラリアのサイケというとテームインパラが主に有名だが、それぞれメンバーが両者の前身のバンドのメンバーに在籍した事があるなどほぼ兄弟分のような関係性にある。今作に関してはプロデュースはテームインパラのフロントマンであるケヴィンパーカーによるものであり、その関係性の深さがわかる。 今年も先月に新しいアルバム

2021/11/25 ドル高・ドル高!

Ken:祝日明け、115円台でオープンしたドル円は実需のドル買いが先行し115.25lvlの高値更新、ただ日経が軟調、時間外の米10年金利が低下したこともあり114.92lvlまで下落。 RBNZは予想通り25BP利上げを決定、Sell the fact で0.6895lvl、対円で79.25lvlまで下落、オア総裁の政策金利には慎重に対応とのコメントがネガティブ要因になったのか。 岸田首相は石油の国家備蓄の一部売却を決定と発表しましたが、原油は底堅く推移し相場への影響は無

スキ
1

2021/11/24 PCEデフレーター!

Ken:次期FRB議長にパウエル氏を再指名、副議長にはブレイナード理事を指名との報道に、金融政策の不透明感払拭からドル買いが優勢に、また2・5年国債入札が低調だったこともあり、金利高は加速、10年金利は1.63%台に上昇し、ドル買いが加速しドル円は114.96lvlの高値をヒット、ただNY引けにかけての株安もあり、またしても115円のバリアの壁に止められて22日は終了。 東京不在の中、短期筋のドル買いによりドル円は115円をブレイク、安く始まったアジア株が底堅く推移したこと